トムソン・ロイター社、オンショアタイバーツ取引を提供

by Forex Magnates at 2 April, 2012 カテゴリ: その他

世界大手の非米建てFX執行機関は、タイ通貨のオンショア取引を提供する。この先物取引はトムソン・ロイター社のマッチングプラットフォームを介しアジア諸国にリクイディティを作る現地金融機関に利用可能である。

トムソン・ロイター社とEBS社はディラー市場の2大機関で、EBS社はドル建て通貨に強い一方ロイター社はGBPとイギリス連邦間にあるギャップを埋めている。
世界で最も流動性のあるアセットクラス『FX』が国境を超えている為、タイバーツを含むマイナー通貨は注目を集めている。BISによる最新の報告によると、FXの日次取引高は5兆ドルに上る。

タイの経済はFXトレーダーに対し閉鎖的で、政府は外貨を自由に国内外に出入りさせる事を認めていない。アジア金融危機後、政府は通貨変動を制御しやすくする為にオンショアとオフショア市場を分離した。

現在、USD/THBは30.75 – 30.90で取引されている。

この取引は法人やアセットマネージャー達のリスクヘッジとして使われる。新興成長市場通貨の日次平均取引高は、約7億ドルから9億ドルである。

トムソン・ロイター社は、2006年に初めて対ドルのタイバーツを提供開始し、スポット取引において有望な実績を挙げてきた。

また同社が開催したイベントではタイ現地企業が複数受賞した。:

1.ベストUSD/THBリクイディティプロバイダー(ディーリングスポットマッチング)賞優勝:Bangkok Bank PCL

1位: Standard Chartered Bank (Thai) PCL
2位:KASIKORNBANK PCL

2.ベスト外貨リクイディティプロバイダー(ディーリングスポットマッチング)賞優勝:JPMorgan Chase Bank, N.A.

1位: The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.
2位: Bangkok Bank PCL

3. ベスト外貨リクイディティプロバイダー(RTFX)賞優勝: Thanachart Bank PCL

1位: KASIKORNBANK PCL
2位: United Overseas Bank (Thai) PCL 

4. ベストFX & 金利コントリビューター賞優勝: Siam Commercial Bank PCL

1位: Citibank, N.A.
2位: TMB Bank PCL

タイには法人とリテールFXブローカー両者にとって大きなチャンスがある。
法人ブローカーはインターバンクリクイディティやG7諸国で生まれるFXのトレードフローを売り出す事が出来、リテールFXブローカーは支払い方法を多様化し、裕福な個人投資家をターゲットに出来る。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.