Tradeo社、新FXソーシャルネットワークリリース

by Forex Magnates at 2 April, 2012 カテゴリ: 取引システム

MarketsbookTradeoとしてリブランドし、新しいFXソーシャルネットワークをリリースした。筆者はTradeo社CEO、Jonathan Adest氏にインタビューを行った。

他のソーシャルネットワークとの違いは何ですか?

一番重要なポイントは、Tradeoはブローカーではなく今後ブローカーになる予定もないという事です。
私達は理想的な第三者ソリューションを取引市場や地理的な問題に関わらず世界中のトレーダーに提供しています。

Tradeoの開発には1年以上かかり、私達は広範囲に渡る市場調査を行い、トレーダーのニーズを考慮した上でシステム全体を設計しました。
Tradeoではチャート、クオート、ニュース、経済カレンダーを含む重要な金融データも利用可能にし単なるソーシャルトレーディング環境以上のものをユーザーに提供します。これらは全て、メッセージ、グループ、チャット、投票のような従来のソーシャル機能を超えています。

トレーダーは私達のサービスを完全無料で利用出来ます。さらにTradeoが様々なブローカーと連携している事から、ユーザーにより良い取引(低コミッション、リベート等)を見つけ提供する事が可能です。

当社のシステムの全データは認証されたライブデータで、他の分析機能から得た情報等全ての情報をコミュニティーに集約しています。

ソーシャルネットワークはトレーダーの獲得が容易ではないと思いますが、どのように集客していく予定ですか?

Tradeoの根底にある指針は、卓越し、革新的なものを創り上げる事です。そうすればユーザーは自然に集まってくるでしょう。

当社は既に私達の信念やビジョンに共感する厳選された数社とのパートナーシップ提携を達成しました。これらのパートナーシップは、当社の顧客ベースをさらに速く拡大させるでしょう。

資金はどのくらい調達しましたか?またそれらは何に使われますか?

Tradeoは、2011年末時点で100万ドルを集め、取締役会長にGigi Levy氏(888ホールディングスの前CEO)を任命しました。

資金はほぼ商品開発に充てられ、次なる商品の構築に間もなく着手する予定です。私達はありきたりな商品の販売には全く興味がありません。

何か新しい展開がありますか?

その質問の答えはいつでも『Yes!』です。しかしまだ詳細はまだ公開しません。金融テクノロジーは慎重を要しますので、公式発表をする前に全てのテストを終えて正常に機能する事が確認出来るまで発表は待ちたいと思います。

私がここで言える事は、Tradeoのロードマップは非常に多くのスケジュールで埋め尽くされ、優れた分析やマーケット情報やさらに多くのブローカーとの統合に注目していますが、主として当社のコミュニティーに耳を傾け、彼らの夢を実現したソーシャルトレーディング環境を作り続けていくという事です。

追従トレードが可能となる場合、具体的にどのような仕組みですか?

この機能は間違いなく当社のロードマップに組み込まれていますので、近い将来公開する事が出来るでしょう。

機能性に関しては仕様の最終調整段階で、別の角度からの取り組みを行っています。
私達は、他のトレーダーをフォーローしているユーザーが取引高に基づいて暗黙のうちに報酬を支払ってしまうという可能性を懸念しています。
これは彼ら自身の取引高増加を可能にしますが、これは特定のユーザーにとっては常に最善ではないという事が明らかです。
なので当社はTradeoの追従トレードがフォロワーとフォローされるユーザーの両者の利益を確保出来る仕組みとなるように努めています。

TradeoはFXトレーダー向けの革新的なグローバルソーシャルトレーディングネットワークをリリースした。

Tradeoは、コミュニティーソースデータ、取引分析、厳選されたブローカーへの接続を提供する唯一のサイトである。

Tel Aviv / London / New York -2012年4月
Tradeoは、仲間の取引や意見をリアルタイムトラッキングを提供する初のソーシャルトレーディングネットワークを発表した。
同社は速いデータフィードや優れた分析を提供する、個人トレーダー向けのFXトレーディングコミュニティーを立ち上げ、トレーダーはこのコミュニティーから発信される情報を基に取引判断を下す事が出来る。

Tradeoの革新的な『クラウド・シンク』テクノロジーは、ユーザーの取引活動をデスクトップに取り込み、認証された実際の取引データを提供し、他のウェブトレーディングフォーラムとの差別化を図っている。

Tradeoは優れた知識共有ツールと、低プライスでの高速執行を可能とする厳選されたブローカーへのアクセスを統合した。また、世界の何百ものブローカーが採用するメタトレーダーとActプラットフォームに対応している。

CEOのJonathan Adest氏は今回のリリースについて下記のコメントを述べた。
「Tradeoはトレーダーが集まる場です。取引判断に役立つ新しいメディアコミュニケーションチャンネルを使用したいという金融コミュニティーからの明確な要望に応え、このプラットフォームをリリースしました。
Tradeoは、良質かつリアルタイムのマーケットデータへのアクセスが制限されている事に不満を抱えるトレーダーを考慮した設計となっており、クラウド・シンクは他のウェブフォーラムとTradeoを差別化をする一機能です。」

Tradeoの取引ツール一式には、市場分析、プライシング、チャート情報、クオート、金融カレンダー、ニュース、トレンドモニタリング機能、リミット設定機能等が含まれている。
メンバーは動向、ニュースフィード、チャット、お気に入り、Eメール、プライベートメッセージ、コメント、共有、投票等を共有出来るソーシャルメディア機能を使用出来、実行した取引や注文について”友達”から即座にフィードバックを得る事が出来る。

同社のブローカーコミュニティとの特別な関係は、入金ボーナスや低手数料、取引リベートなどの特別なサービス提供に興味があるブローカーとトレーダーを繋げられるよう設計されている。

CTOのAlex Behar氏は下記のように述べた。
「Tradeoはトレーダーのニーズを十分に考えて構築されました。当社のFXソーシャルトレーディングプラットフォームは2011年6月からベータ版としてリリースされており、トレーダーから受けた要望をこのプラットフォームに取り入れ開発してきました。私達はさらなる開発やより強固なツールや機能を構築する為の投資のパイプラインを備えています。今後さらに多くのトレーダーの登録やパートナー業者との提携を楽しみにしています。」

またJonathan Adest氏は、「Tradeoのリリースにおいて、FXトレーディングコミュニティーが良質なデータとブローカーとの交渉力を必要としている事を明確に理解してきました。取引情報の共有は取引判断に役立つので、私達はソーシャルトレーディングデータフィード、分析、取引ツールが他のアセットクラスのトレーダーにも有益であると確信しています。今後当社のサービスやプラットフォーム拡大が期待できます。」と加えた。

2011年、非公開会社であったTradeoはAMWから100万ドルを調達し、大手ゲーム&エンターテイメント会社である888ホールディングス(LSE: 888.L)の元CEOでテクノロジー起業家としても有名なGigi Levy氏をCEOに任命した。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.