インドのING Vysya銀行、マルチ通貨対応カードを導入

by Forex Magnates at 29 March, 2012 カテゴリ: その他

インドのING Vysya銀行は、国際旅行者向けのマルチアセットトラベルカード導入を発表した。
現在インドの旅行者は海外旅行時の外貨の使用制限に直面している。

同行は、米ドル、英ポンド、ユーロ、豪ドル、日本円の5通貨に対応するこのカードをリテールと法人顧客に提供する予定で、このカードの導入で出費の管理がし易くなる。

ユーザーがこのカードに入金するとレートが固定される為、通貨変動を抑える事が出来る。

RBIが国外への資金送金を規制している為、マージンFX取引はインドで禁止されている。さらに当局はFXを規制されたアセットクラスとして認めていない。
通貨先物は2008年に開始され、ヘッジャーや投機家に付加価値のある商品として扱われてきた。3取引所の日次取引高は、約100-120億ドルである。

これは海外FXブローカーに送金する手段となりうるのだろうか?

フォレックス・マグネイトチームは次期四半期調査報告書にてインドのFX事情の詳細についてまとめる予定である。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.