IKON社とナスダックが共同でスポット金先物を提供

by Forex Magnates at 28 March, 2012 カテゴリ: その他

世界最大の取引所グループNASDAQ OMX Group, Inc(NASDAQ:NDAQ)は、FXや先物オプションを提供する米国CFTC登録の先物取次業者であるIKON GLOBAL MARKETS(以下「IKON社」)と連携し、2012年2月8日にナスダック先物取引所(NFX)で『NASDAQ OMX XAU/USD Spot Gold Futures』(特許申請中)を開始した。

この商品は、現金決済型、OTCスポット金市場をモデルとした上場金取引で、1年契約・10トロイオンスの取引規模で取引され、従来の取引所にある四半期毎のロールオーバーを必要としない。
また、EFPを介し24時間取引が可能でOptions Clearing Corporationで精算される。
この発表で、IKON社CEOのDiwakar Jagannath氏はこの商品の利点について下記を説明した。
「ドッド・フランク法による重要改革でOTC金市場の構造が変わりました。先物取引の構成要素とOTCスポット金市場の完全性を組合せる事で、この法案によって決定付けられる顧客保護と透明性を自然に発展させます。」

Nasdaqtraderニュースレターで第1ヶ月目の月間実績が発表されている。
このニュースレターでは、『現金決済型ローリングスポット取引とスワップポイントの特徴を融合した上場金先物取引は他にない。先物市場で盛り上がりを見せる革新的な商品である。』と書かれている。

この商品の登場により取引高増加が期待される。

スポット金先物:2012年2月概要

  • NFXのスポット金先物取引量は25,995枚
  • 日次平均取引量は1,733枚
  • 未決済建玉は1,917枚
  • 2012年2月29日の取引量は10,000枚以上
  • IKON社は中国当局と密接に連携しFXのECN立ち上げに取り組んでいる。

    フォレックス・マグネイトチームは次期四半期調査報告書にて中国のFX事情について詳細を取り上げる予定である。

    この記事の原文はこちら
    Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com

    フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





    コメントはまだありません.