ケニア銀行、企業にリスク回避を呼び掛け

by Forex Magnates at 27 March, 2012 カテゴリ: その他

東アフリカで最も有望な経済市場はケニアである。ケニアはこの10年で+4~5%の成長率を示している。
国際取引が増加する中、アフリカ中央銀行のケニア本店は中小企業に通貨リスクを軽減する外国為替ヘッジストラテジーを検討するよう呼びかけてきた。

昨年ケニアシリングは混乱状態にあり、石油、肥料、化学薬品の輸入業者は原産物の購入に大きな負担を負った。
企業らはリスクを管理する為に多くのデリバティブ取引を行っている。オプションとフォワード取引は将来の価格を決めたり予約するのに幅広く使われている。
アップサイドとダウンサイドのプライスやリスマネージメントを提供するオプション取引は企業にとって有用である。

現在シリングは対ドルで、KES/USD = 83.12689付近で取引されている。

ケニアは電子取引を採用する現地資本市場の恩恵を受けてきており、法人顧客や機関投資家にソリューションを提供するFXデリバティブプロバイダーにとって打って付けの市場である。

インターネット利用と可処分所得の増加により、リテール市場は勢いを増している。アフリカは次の10年でさらに成長を遂げるだろう。

フォレックス・マグネイトチームはアフリカのFXについて2012年第2四半期調査報告書にて詳細を取り上げる予定である。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.