CFTCが高頻度取引に特化した『公開会議』開催

by Forex Magnates at 26 March, 2012 カテゴリ: 各国FX規制関連

米商品先物取引委員会(以下「CFTC」)は、CFTCテクノロジーアドバイザリー委員会(以下「TAC」)がワシントンのCFTC本部で3月29日木曜日午前10時から午後5時まで公開ミーティングを開く予定である事を発表した。
現在CFTCがドッド・フランク法の下規定の最終案をまとめている為、このミーティングは先物・スワップ業界が直面する3つの重要な課題に焦点が当てられる。

その3つの課題は下記の通りである:

1.自動高頻度取引(HFT):取引所の監視体制と定義
2.データ標準化における委員会の最終提案
3.クレジットリミットチェック:市場構造とテクノロジー問題

またTACの公開ミーティングは、自動高頻度取引についての新委員会発足会議としての役割も果たす。

この新委員会は広がり続ける自動売買を背景に、高頻度取引(HFT)の定義付けについて重点的に取り組む。

2012年2月14日の連邦官報の告示により、十分に条件を満たした50名以上の人々が候補に挙がった。
CFTCに選出されたメンバーは下記の通り:

ABLE Alpha Trading, Ltd・Irene Aldridge氏、Newedge USA, LLC・Peter Buckley氏、GETCO・Sean Castette氏、NYSE Euronext・Colin Clark氏、Virtu Financial, LLC・Christopher Concannon氏、National Futures Association・Edward Dasso氏、TradeForecaster Global Markets, LLC・Keith Fishe氏、New York University Stern School of Business・Joel Hasbrouck氏、Thomson Reuters・Robert Hegarty氏、 University of California Berkeley・Terrence Hendershott氏、BATS Global Markets,Inc・Chris Isaacson氏、Chicago Trading Company・Paul Kepes氏、American Cotton Shippers Association・Jordan Lea氏、Eagle Seven Holdings, LP・Chris Lorenzen氏、AQR Capital Management・Michael Mendelson氏、FIX Protocol Ltd.・Jim Northey氏、CME Group・Dean Payton氏、DE Shaw & Company・Peter Reiss氏、Themis Trading, LLC・Joseph Saluzzi氏、Markit・Tim Sargent氏、Tabb Group・Larry Tabb氏、Edge Financial Technologies・Jitesh Thakkar氏、Intercontinental Exchange, Inc. (ICE)・Mark Wassersug氏、Credit Suisse Securities (USA), LLC・Gregg Wood氏

TACの議長であるコミッショナーのScott D. O’Malia氏は下記のコメントを述べた。
「CFTCは管轄市場への影響や役割に取り組み高頻度取引や自動取引を認識し定義付ける必要がある為、大変有能な人材が集結したこの新しい委員会がテクノロジーアドバイザリー委員会に実行可能な案を提言出来る事を期待しています。」

自動高頻度取引委員会は、CFTCのチーフエコノミストであるAndrei Kirilenko氏が議長を務め、年内に複数の会議を実施する予定である。同委員会には4つのワーキンググループがあり各グループは自動売買に関連した個々の問題に特化して取り組む予定だ。
第1のワーキンググループは自動売買システムにおける高頻度取引の定義について、第2グループは高頻度取引のカテゴリー調査、特に取引活動における特徴や取引所での区分方法の調査が行われる予定である。
第3グループは監視・監督、経済分析に焦点を当て他の自動システムと比較した際の高頻度取引の特長について把握する。
第4グループは市場のミクロ構造問題に取り組み、自動売買システムが誘発する混乱・阻害の可能性やそれらを軽減する解決策を特定する。
同委員会はTACへの提案を含めた報告書を提出する予定である。

このTACの公開ミーティングは先着順で席を設けている。ミーティングの音声はカンファレンンスコールを通じて聴取が可能である。
さらにこのミーティングの録画映像とCFTCに提出された全ての提案文書がCFTCのウェブサイト上に公開される予定である。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.