中国銀行、上海に人民元取引本部設置で世界金融センター目指す

by Forex Magnates at 21 March, 2012 カテゴリ: FX取引サービス

中国銀行は昨日、上海を中国通貨のトレーディングセンターにするという目標を後押しする目的で、正式に人民元取引の全国本部を上海に設置した。

中国は通貨市場を魅力的かつグローバルレベルに発展させようと懸命に取り組んでいる。
これまで中国の温家宝首相は、オンショアとオフショアの両方で人民元が制限されたマーケットフローに直面しているジレンマについて何度か述べており、最近中国の金融先物取引所はデリバティブ取引の拡大を目指している事を発表した。

上海市長のHan Zheng氏は記念式典にて下記を述べた。
「中国銀行人民元取引本部の開始は、上海を2015年までに人民元の取引、プライシング、クリアリングにおけるグローバルセンターとして成長させる為の戦略的重要事項です。」

中国銀行会長のXiao Gang氏は、人民元取引本部設置について、同行の構造改革や国際的発展における重要な段階であると述べた。

Pudong Mew Areaに置かれた取引本部は、人民元取引、金融機関機能、国境を越えた人民元の清算サービスを提供している。中国銀行は昨日上海デイリーに、同行が数日前に中国の銀行監督機関から承認を得た事を伝えた。

上海は、2020年までにグローバル金融センターの地位を築くという第12回5ヶ年計画の一環として2015年までに人民元の取引、プライシング、清算のグローバルセンターとなる目標を掲げている。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.