サクソバンク2011年実績発表:収益増加、取引高減少

by Forex Magnates at 8 March, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

サクソバンクは2010年から引き続き目覚ましい実績を挙げ続けている。
2011年上半期と前年同時期を比較すると純利益は4%、取引高は14%減少したが、全体の収益は6%増加し、顧客資産は26%以上も伸びた。
サクソのスタッフが40%以上増員された事が利益率低下の原因とも考えられるが、取引高の減少には注意が必要で、2012年も続く可能性があるとICAPやロイターのようなビッグプレイヤーが報告している。

サクソバンクの創設者兼CEOのKim Fournais氏とLars Seier Christensen氏は共同声明の中で下記を述べた。
「一般市場は、資本市場活動における投資家のリスク選好を減らし、抑制していく状況にあります。その為、私達はサクソバンクのビジネスモデルの実現性を証明する今年度の実績に満足しています。」

サクソバンクの営業利益は、33.4億デンマーククローネであった2010年と比較し、2011年は6%増加し、35.3億デンマーククローネに達した。
同行は、人件費と一般管理費を12%増加するなどビジネス開発への投資を継続した。その結果、純利益は6億1800万デンマーククローネで、前年比4%減であった。また、EBITDAは前年比4%増で11.6億デンマーククローネであった。

サクソバンクのトレーディング事業における顧客預かり残高は2011年12月31日時点で、26%増の267億デンマーククローネ。
トレーディングプラットフォームに関わる顧客預かり残高を含むと、2010年12月31日時点の313億デンマーククローネから13%増加し、2011年12月31日時点では353億。
サクソバンクのアセットマネージメント事業における合計資産は、2010年12月31日時点の312億デンマーククローネから6%増加し、2011年12月31日時点では332億ドルになった。

(DKK millions) 2011 2010 2009 2008 2007
           
Operating income 3,526.90 3,338.10 2,227.50 2,518.20 1,564.40
Profit before tax 847.9 913.8 269.4 468.6 364.9
Net Profit 617.8 643.5 201.4 339.2 275.2
Total Equity 3,240.00 2,880.00 2,335.10 1,416.70 1,093.10
Total Assets 27,018.20 22,437.70 15,210.50 10,456.10 9,996.20
Clients’ collateral deposits 35,275.30 31,296.90 15,513.00 8,717.10 9,180.70
Assets Under Management 33,170.00 31,170.90 18,963.00
           
avg number of employees 1,413 964 927 1,297 1,011

 

取引量:サクソバンクのFX取引量は2011年は前年比14%減少。2011年下半期の取引高は月次平均で2,670億ドルであった。

MT4:サクソバンクはLeverate社の25%株式買収後、MT4のリリースを計画している。2012年に提携ブランドであるSaxoleverate MT4を商品化する予定である。

顧客の自動売買ソリューションに対する需要が増した事が、MT4提供開始の決め手となった。メタトレーダーは、比専売のFX取引プラットフォームの中で最も人気を集めるプラットフォームの一つであり、他のトレーディングシステムとの統合等新しい流通経路を開いている。MT4ユーザーは、アルゴリズム取引、エキスパートアドバイザー(EA)、第3者ツールやコミュニティーとの統合を利用している。

Lembex社買収:2011年、サクソバンクはMT4を提供するトレーディングセグメントに焦点を当て、イスラエル業者のLeverate社の25%、Lembex trading and Investment社(FSA監督下)のマルタのライセンスとアクティビティー、イスラエルベースのオペレーショナルリソースと共に100%を買収した。MT4プラットフォームとオペレーションはキプロスにあるサクソバンクオフィスから行われる予定である。

フォレックス・マグネイトは3カ月以上この買収について認識していたが、FSAの認可が受理されていなかった為お伝えしていなかった。
サクソバンクは、Leverate社のテクノロジーとLembex社(前Finexoチーム)の営業ノウハウを駆使し、新しいオフィスでキプロスでのオフショアMT4アクティビティーを強化しているうようだ。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.