インタラクティブ・ブローカーズ社、FX口座の利益率を発表「最も“利益の出る”ブローカー」

by Forex Magnates at 4 March, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

インタラクティブ・ブローカーズ社(以下「IB社」)は、株、オプション、先物、債券、FX取引をリテール及び法人トレーダーに提供する大手ブローカーである。

これまでIB社は大規模なFXトレーダーの顧客ベースを抱えている事で有名であるにも関わらず、他のFXブローカーが四半期毎に出しているFX利益率統計データを開示してこなかった。
これはIB社がCFTCにRFEDではなくFCMとして登録している事が理由と考えられる。しかしついに最近、IB社は初めて利益率の数値を公開した。
結果を見ると明らかにIB社は米国で最大規模のFXブローカーであり、顧客の利益率が最も高い事が分かった。これはなぜだろうか?レバレッジに関してはどの米国リテールFX業者もほぼ同じである為、恐らく他社との違いは平均口座サイズである。

インタラクティブ・ブローカーズ社四半期別リテールFX顧客実績

四半期 FX口座数 利益 非利益
2011年第4四半期 45,053 51.00% 49.00%
2011年第3四半期 45,058 51.20% 48.80%
2011年第2四半期 41,651 38.80% 61.20%
2011年第1四半期 40,370 40.40% 59.60%

上記の表は過去4四半期においてインタラクティブ・ブローカーズ社で保有されているリテールFX口座の利益性を示している。
口座の特定や統計の算出方法はCFTCとNFAによって示された定義や説明に基づいている。

過去の実績は将来の結果を示すものではない。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト2011年第3四半期リテールFX市場調査報告書日本語版(全62ページ)を
特別価格でご購入頂けます。





コメントはまだありません.