モントリオール銀行、サンガード社の『Global One』を導入

by Forex Magnates at 21 February, 2012 カテゴリ: 取引システム

カナダのモントリオール銀行(BOM)はサンガード社の金融ソリューション導入しサービスを拡大しており、今度はトロントの営業所で証券貸借取引用にGlobal Oneソフトウェアを導入した。

Global Oneはトランザクション処理、オペレーション、報告書関係等の一連の証券金融ソリューションで、ブローカーとレンダーを支援するサービスである。
企業はGlobal Oneを使用し、貸借、買い戻し、売り戻し、レポ取引を含む国内外の証券貸借取引の管理をリアルタイムで行う事が出来る。

BMO Capital Markets社のマネージングディレクターTony Venditti氏がリリース内容で述べたコメントによると、BMO Capital社は数年前から同社のニューヨーク、ロンドン支店でGlobal Oneを使用しており、一つのテクノロジープラットフォームに各地にある同社の証券金融オペレーションを統合させる目的で今年初めトロント支店にも導入したという。
「世界の各地域で証券貸借取引を拡大したので、私達は適時に正確性のある報告書で顧客のニーズを満たす手助けをする高度なテクノロジープラットフォームを利用する事を第一優先にしてきました。
サンガード社のGlobal Oneに統合する事で、レギュレーターと顧客の両者に人的なプロセスの自動化と、強化された報告書作成能力を提供してくれます。」とVenditti氏は述べた。
また、サンガード社のGlobal Oneビジネス部門ジェネラルマネージャー兼EVPのCraig Costigan氏は、「各社は証券金融オペレーションのコスト調整を試みており、サンガードのGlobal Oneは単一のグローバルプラットフォームで効率性を上げる事が可能です。」とコメントをしている。

サンガード社は金融サービス業者向けの幅広いサービスを展開し、ポーランドのリテールブローカーであるXTB社はサンガード社の『Valdi』を採用している。

カナダで規制を受けるデリバティブ取引提供ブローカーは少数であるが、リテールFXブローカー最大手の一社であるFXCM社は最近カナダの規制下で営業を始めた。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト2011年第3四半期リテールFX市場調査報告書日本語版(全62ページ)を
特別価格でご購入頂けます。





コメントはまだありません.