インドMCXがIPO申請

by Forex Magnates at 15 February, 2012 カテゴリ: FX取引サービス

国内最大の商品取引所であるインドマルチ商品取引所(以下「MCX」)は、6,427,000普通株(12.6%の希薄化)の新規株式公開(IPO)を今月22日から24日の間行う予定である。

これはインドのFinancial Technologies社、インドステイト銀行(以下「SBI」)、GLG Financialsファンド、Alexandra Mauritius社、コーポレーション・バンク、ICICI Lombard General Insurance Companyによる売却株から構成される。

今回の公開株は、一般公開用の6,177,378株と、有資格従業員向けに確保された最大250,000株から成る。

発起人のFinancial Technologies社はMCX株を31.8%から26%に、SBIは5.18%から1.04%、コーポレーション・バンクは3.48%から3%に、バローダ銀行は1.03%から0.82%へ減らす予定である。
また、GLG Financialsファンドは1.92%から0.38%に、Alexandra Mauritius Limitedは0.96%から0.19%に保有株を減らす予定。
格付け会社のCRISIL社は、今回のIPOに対し5/5の評価を下し、力強い基礎的条件を示している。

MCXはFX先物取引を提供しており、日次平均取引高は約80-100億ドルである。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト2011年第3四半期リテールFX市場調査報告書日本語版(全62ページ)を
特別価格でご購入頂けます。





コメントはまだありません.