CFTC、顧客損失を含む米FX業者に関する新たなデータを公開

by Forex Magnates at 13 February, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

CFTCは毎月、米国FXブローカーのリテールFX顧客預かり資産を公表している。
以前、米国リテールトレーダーの顧客残高(Retail Forex Obligation)の合計が2011年11月に300万ドル増加、2010年10月は3,000万ドル増加、9月は2,000万ドル減少したという内容の発表があった。
これらは全て景気や時期的な要因によるいたって自然な変動である。

2011年12月からCFTCは『Total Aggregate Retail Forex Assets』と呼ばれる興味深い統計を新たに公開し始めた。CFTCによる定義は下記の通りである。

Total Aggregate Retail Forex Assets:商品取引所法第5章に準拠しリテールFX口座に保持しているリテールFX顧客の資金、証券、資産の合計金額。

Total Amount of Retail Forex Obligation:FCM、RFED、FCMRFDで保持される合計資金額。リテールFX顧客によってリテールFX口座に預けられた全ての資金、証券、資産を合計したもので、実現または未実現損益が調整されたもの。

つまりCFTCが言いたいのは、預けられた金額と、顧客に対してブローカーが所有している金額の差の事である。簡単な言葉で言い換えると“損失”である。

しかし、そう簡単なものではない。明らかにCFTCは顧客の現金を預かっているブローカー口座を調査し、預入金額と比較する事でこれを算出している。
ブローカーが実現利益(顧客の損失)を引き出していない場合、最終的な結果を歪めている事になる。
また、もしブローカーが日次ベースで調整・出金を行っているのであれば、下記の表で数社に見られるようにこの差はゼロである。

いずれにせよ、CFTCがこれで何をしようとしているのかは明確には分からない。私達はみな顧客が負ける事を知っていて利益性報告書でも明確化されているのに、なぜこのメトリクスを追加したのだろうか。

下記表を見ると、FXCM社、ゲインキャピタル社、GFT社、FXsol社、Tradestation社(恐らくIBFX経由)では、顧客の巨額な損失が発生している事が明らかである。
しかしならが唯一FXDD社だけは顧客残高がプラスである。

Adjusted Net Capital Total Aggregate Retail Forex Assets Total Amount of Retail Forex Obligation Difference
         
ADM 256,605,074 968,009 968,009 0
ADVANCED MARKETS 20,542,742 1,753,586 1,753,586 0
ALPARI 25,397,941 13,211,629 10,671,378 -2,540,251
FXCM 31,243,101 208,489,756 144,703,279 -63,786,477
FOREX CLUB 22,923,338 9,889,892 3,461,914 -6,427,978
FX SOLUTIONS 41,409,111 61,447,531 17,524,164 -43,923,367
FXDD 27,886,601 35,345,296 35,721,539 376,243
GAIN CAPITAL 35,700,900 157,059,925 102,599,438 -54,460,487
GFT 79,672,867 130,876,900 88,475,168 -42,401,732
ILQ 20,066,042 9,623,799 8,804,848 -818,951
MB TRADING 25,101,763 35,241,268 32,808,570 -2,432,698
OANDA 140,452,807 164,918,077 156,356,338 -8,561,739
PENSON 143,384,895 30,231,575 30,231,575 0
PFG 33,644,888 43,923,054 31,786,635 -12,136,419
RJ OBRIEN ASSOCIATES 201,729,011 5,520,479 2,971,072 -2,549,407
TRADESTATION 25,235,604 100,719,798 71,531,907 -29,187,891
XPRESSTRADE 22,972,452 1,462,758 1,444,758 -18,000
         
Totals   1,010,683,332 741,814,178 -268,869,154

 

11月と12月の残高を比較すると、retail forex obligationsの合計金額が約2,000万ドル増加している事が分かるが、これはPenson社が12月から残高報告を行った事に起因している。
Penson社を除くと、合計金額は1,000万ドル減少する。Tradestation社とIBFX社の合併により、IBFX社がこのリストから除外され、Tradestation社の12月の残高に反映されている。

November December
ADM 388,210 968,009
ADVANCED MARKETS 1,712,860 1,753,586
ALPARI 11,395,016 10,671,378
FXCM 145,610,245 144,703,279
FOREX CLUB 10,050,563 3,461,914
FX SOLUTIONS 18,037,803 17,524,164
FXDD 33,439,892 35,721,539
GAIN CAPITAL 106,658,310 102,599,438
GFT 89,756,738 88,475,168
ILQ 8,671,301 8,804,848
IBFX 30,713,888  
MB TRADING 33,990,537 32,808,570
OANDA 153,547,893 156,356,338
PENSON   30,231,575
PFG 33,065,159 31,786,635
RJ OBRIEN ASSOCIATES 2,963,082 2,971,072
TRADESTATION 41,216,375 71,531,907
XPRESSTRADE 840,943 1,444,758
     
Totals 722,058,815 741,814,178

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト2011年第3四半期リテールFX市場調査報告書日本語版(全62ページ)を
特別価格でご購入頂けます。





コメントはまだありません.