FXstreet、FX Bootcampの広告管理業務を担当

by Forex Magnates at 6 February, 2012 カテゴリ: FX取引サービス

FXstreetが、広告メニューの管理者を探している小・中規模のFXウェブサイトを獲得しその規模を拡大していく様子は非常に興味深い。
FXstreetはmyfxbookに始まり、続いてforexcrunchやfxtimesと提携した。この3サイトの合計月間PV数は約500万に上る。

FX Bootcampはライブ配信とオンデマンド配信を通し、FXトレーダーにテクニカルとファンダメンタル分析についての学習と使い方をサポートしている。
同社は、サイトリニューアルと拡大を行い、FXトレーニングビデオと教育記事、さらにアジア、ヨーロッパ、アメリカの通貨取引セッションのオープン時にライブマーケット分析を提供している。これらは全て無料で利用出来る。
FXstreet.comのアカウントマネージャーであるDaniela Menasceは、「サイトマネージャー達は、コンテンツと広告の両方を同時に対応する事に困難を極めています。
マーケティング業務を外部で行い、顧客の取引や広告戦略を当社に一任する事で、これらのサイトは全ての時間や労力を費やして本来の専門であるコンテンツに集中する事が出来ます。
また、私達のノウハウは直接的に彼らの利益に繋がります。過去の事例で言うと、私達が2010年8月にMyFXbookの広告を担当し始めてから、広告収入は4倍になりました。」と説明した。

このような関係性を持った取り組みは、小企業は広告主獲得や交渉において、限られた人材や資金を無駄に費やさずに済み、既に広告主を抱えている大企業にとっては、さらに多くの広告枠を提供する事は問題ではなくむしろ非常に適合している為、
両社にとって有益である。

FXstreetは昨年、2011年4月の記録的な収入額を開示した。全メディアでの純利益は515,000ドル超である。

この目覚ましい実績は、本業の成長であれメディア買収によるものであれ、FXstreetがビジネスを安定的に成長させている事を意味する。
FXポータルサイトは大規模な市場であるが、高い手数料が様々な意欲的な仲介者を惹き付け、競合も多くひしめき合っている。
私達の四半期メディア調査で分かるように、現在のところ、5サイトがこの市場の大半を占めている。しかしこの状況は変わりやすい。

最新のフォレックス・マグネイト・FXメディア調査結果によると、FXstreetは、2011年の月間平均ユニーク数が716,939で、英語を主体とするFXサイトの中で世界第4位にランクインした。
myfxbookは144,492ユニークで第8位、forexcrunchは60,402で第12位であった。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト2011年第3四半期リテールFX市場調査報告書日本語版(全62ページ)を
特別価格でご購入頂けます。





コメントはまだありません.