2011年第4四半期のリテールFX取引高、日本の取引高減少が世界全体に影響

by Forex Magnates at 1 February, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

2011年の第4四半期は第2四半期と同じくらい平穏であった。2011年で最もボラティリティーが大きかったのは第1四半期(東日本大震災)と第3四半期(ユーロ圏債務問題)であった。
特に日本は、円が狭い範囲で取引されていた為、デイトレーダーにとっては魅力が薄れ、取引高は比較的低かった。
FXCM社は、リテール取引高が月次平均3,410億ドルに達し、世界最大手FXブローカーとしての地位をさらに向上させた。

FXCM社の法人FX取引高も目覚ましいペースで伸び続け、月次平均取引高は1,180億ドルに達した。
MFグローバル社は破綻と訴訟問題により残念ながら下記リストから除外されている。
オーストラリアでは、国内ブローカーが勢力を増し、中でもPepperstone社は群を抜いて急速に成長している。
今回初めてAdmiral Markets社、ACM Gold社、eToro社の数字が出てきた。また最新情報によるとGFT社の数値は減少した。
IBFX社とTradestation社はCity Index社とFX Solutions社の様に合併し一つの組織となった。

日本を除き、全体的には月次取引高はわずか4.5%増加した。
日本市場を含むと、第3四半期調査報告書で予測したように大幅な回復はなく、取引高は1%減少し月間4兆7,770億という結果になった。

リテールFX市場取引高:日次2,170億ドル、月次4兆7,770億ドル

※全データは2011年第4四半期リテールFX市場調査報告書にて公開。

月次 日次
FXCM 341 15.5
Saxo Bank 250 11.4
Alpari 202 9.2
IG Group 160 7.3
Oanda 160 7.3
Gain (forex.com) 134 6.1
GFT 120 5.5
FXPro 101 4.6
Forex Club 95 4.3
FXDD 90 4.1
City Index/FX Solutions    
Interactive Brokers    
FXOpen    
CMC    
Dukascopy    
MIG    
Ava FX    
iForex    
Interbank FX/Tradestation    
markets.com    
AC Markets/Swissquote    
London Capital Group    
HY Markets    
MB Trading    
XTB    
Easy Forex    
Citi FXPro    
Advanced Markets    
PFG Best    
GoMarkets    
Barclays FX    
Admiral Markets    
4xp (ForexPlace)    
Pepperstone    
thinkorswim    
ActivTrades    
ACM Gold    
Axis    
Deltastock    
xforex/Askobid    
bforex    
eToro    
City Credit Capital    
     
ロシア業者*    
韓国業者    
日本業者    
500小規模業者    
     
合計 4777 217

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.