人民元建デリバティブの中心地を目指す香港の発展

by Forex Magnates at 24 January, 2012 カテゴリ: FX取引サービス

香港は現在オフショア人民元取引を導入している。香港証券取引所(HKEX)は最近の声明で、2012年後半に最初の人民元建てデリバティブ取引を開始する計画があると発表。
香港の金融商品取引環境は確立されており、自由貿易商品の可用性が拡大する中国企業の恩恵を受けている。
新しい取引銘柄は香港商品取引所で提供される可能性がある。

銀行による預貸率が2010年初頭の74%から10月末時点で85%にまで上昇し、香港ドル融資の引き締めが行われた為、香港の銀行では人民元融資が急激に増加している。

香港は、人民元建て金取引を提供する最初の金融センターとなった。
中国は株価指数デリバティブを提供し、ヘッジャーや投機家の参入が増加する事により顕著な日次取引高を記録している。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト2011年第3四半期リテールFX市場調査報告書日本語版(全62ページ)を
特別価格でご購入頂けます。

 





コメントはまだありません.