中国当局がQFIIの投資枠拡大

by Forex Magnates at 23 January, 2012 カテゴリ: FX取引サービス

経済成長が徐々に低迷する中、中国当局らは海外機関投資家達に対し人民元建て証券への投資をさらに自由化にしている。
人民元建て証券の取引や投資の許可を受けた適格外国機関投資家(以下「QFII」:Qualified Foreign Institutional Investor)の内の6社/機関は、2012年1月に5億ドルから6億ドルへの投資枠拡大が認められた。

中国は海外投資家に対し金融市場を厳格に規制しており、取引の多くは香港やシンガポールで行われている。中国当局は機関投資家の中国株投資を許可する事で、経済を自由化する取り組みを強化している。
中国株式市場には約70%を占めるリテールトレーダーが存在するが、彼らは噂に流されやすい為極度なボラディリティーが発生しやすい傾向がある。
QFII制度は、海外投資家が中国資本市場で直接投資が行える様に2002年に制定された。中国の巨大な製造業界はリスク回避目的でより良い製品を提供する為に当局らを導いてきた。
規制当局は2009年に試験的にオフショアでの人民元建て貿易決済を認め、この結果香港の人民元預金残高は5,536億元を超えた。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト2011年第3四半期リテールFX市場調査報告書日本語版(全62ページ)を
特別価格でご購入頂けます。

 





コメントはまだありません.