Plimus社、FX関連商品の処理を停止

by Forex Magnates at 16 January, 2012 カテゴリ: FX取引サービス

Plimusはオンライン決済サービスとアフィリエイトネットワークを提供する大手である。
Plimusの競合であるClickbankは最大のアフィリエイト決済ネットワークで、ebook、ゲーム、モバイルアプリなどの様々なeコマースのデジタル商品を展開している。
これらのネットワークは、ネットワークを使用する膨大な数のアフィリエイト会員を活用し、彼らのサイトを通して商品の販売促進を行っている。
プロセスはシンプルである。まず商品を登録し、アフィリエイト会員の手数料を決める。アフィリエイト会員は、マーケットプレイスで商品を見つけ、自分達のウェブサイト上や、メーリングリストを通じて商品のプロモーションを開始する。
基本的に、追加コストを省きながらマーケティング活動を拡大することが出来る。PlimusやClickbankがPaypalと大きく異なる点は、アフィリエイトマーケットプレイスを提供している点である。
独自のメーリングリストを使ってアフィリエイト商品を宣伝し、何百万も稼ぐアフィリエイト会員も僅かに存在する。

何年間も、PlimusとClickbank は、FX商品のアフィリエイト販売サービスの先端に立ってきた。
数多くのFX関連のEAストラテジー、ebookなどが、これらのネットワークを通じて販売されてきた。恐らく誰しもがClickbankのトラッキングコードを持つバナーやリンクを目にしたことがあるだろう。
現在、この盛んなインターネットマーケティング分野におけるクレジットカード取引が廃止されようとしている。
Plimusは、顧客に対しFX関連商品の販売を禁止する通知を出した。Plimusは、VisaとMasterCardによる増加する調査を本件の背景にある理由として挙げた。
FXとクレジットカードの問題は、2011年10月に中国銀聯(China Union Pay)がFX取引の禁止をした事例がある。
Plimusの禁止令はFX関連のデジタル商品のマーケティングに限るが、Clickbankからはこのような通知は出されていない。クレジットカード会社から同様の禁止が出される懸念があり、この先FX口座への入金に対しても措置が講じられるかもしれない。

Plimus口座に関する通知

ベンダー様

クレジットカード協会(VisaとMasterCardを含む)は、多くのオンライン分野において商品を販売するマーチャントの調査を厳格化しています。
対象となるマーケットセグメントの例として以下のようなものが挙げられます。

  • オンラインオークション
  • FX関連商品
  • メディア
  • ポーカーチップとその他の仮想通貨

これらのセグメントに一つ以上当てはまる商品を提供している場合、Plimus社は当該口座とPlimusプラットフォームとの互換性について詳細調査実施の必要があります。
この調査は約30日を要し、最終的にお客様が引き続きeコマースサービスを提供出来るように助言が出来ればと思っています。

調査期間中、当社は2つ措置を講じなければなりません。第一に、今月15日に予定していた支払いは、全ての取引がクレジットカード協会から承認を受けるまでの間、最大30日間一時停止されます。
第二に、お客様の口座は1月12日木曜日に凍結される予定で、これは追って通知があるまで今後の取引が行われない様にする為です。

当社は本件が重大なビジネス課題を意味しているものと認識しております。お客様にはご不便をお掛けし申し訳ございません。
お客様の口座が上記マーケットセグメントに該当しない場合や、その他ご質問等ございましたらベンダーサポートまで直接お問い合わせください。

Plimusチーム

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト2011年第3四半期リテールFX市場調査報告書日本語版(全62ページ)を
特別価格でご購入頂けます。

 





コメントはまだありません.