メタトレーダー5、シンガポール証券取引所の認証獲得

by Forex Magnates at 13 January, 2012 カテゴリ: 取引システム

Metaquotes社は、証券取引所市場への参入に大きな期待を寄せメタトレーダー5をリリースした。
一般的にメタトレーダー5はメタトレーダー4に取って代わるものではなく、リテールFX市場で展開し続けながらMetaquotes社の証券市場参入の助長するものと考えられてきた。
メタトレーダー5は未だバグ修正が必要な製品で、1年以上Beta版である。また、主要FX業者がライブ取引用として導入している実績はまだなく、小規模業者数社ではメタトレーダー5を使ったライブ取引が可能である。

Metaquotes社は、メタトレーダー5でリテールFX市場とは全く異なる証券取引所市場での新たな競争に挑んでいる。
メタトレーダー5は各取引所毎に認証を獲得しなければならず、認証獲得後初めてブローカーに売り出す事が出来、顧客への提供が可能となる。これは、追加コストが発生したり販売プロセスのスケジュール延長をもたらす。
証券取引所取引ソフトウェア市場には既に熟練した大手技術会社が数多く存在し、全ての認証やノウハウ、必要な契約を兼ね備えている中、Metaquotes社はこの市場に後発で参入している。これらの大手企業との競争は相当な困難を要するだろう。

ロシア証券取引所(RTS)の承認に続き、シンガポール証券取引所(SMX)の承認は明るい兆しであるが、Metaquotes社の証券取引所市場シェア拡大はかなりの長期戦となる。

6か月、前ロシア証券取引所からメタトレーダー5プラットフォームの認証獲得を発表し、当社はさらに多くの取引所と接続出来るようにプラットフォーム開発に取り組んできた。
そして今回、シンガポール証券取引所(SMX)より新たに承認を受けた。このプラットフォームは、SMXの試験運用によって全ての技術要件を満たしている事が証明され、特別なゲートウェイを介しSMXへの接続が可能となった。
さらに、当社はアジア証券取引所からISV(独立系ソフトウェア会社)としての称号を受け取った。

現在SMXと提携しているブローカーは当社の取引プラットフォーム使用して顧客にサービスを提供する事が出来る。
アジア太平洋支店長のEric Leeは「我々の取り組みはこれで終わらない。SMXの全ての必要要件を満たした高品質な製品の構築に成功した。しかし、当社のプラットフォームにおけるさらなるチャンスを提供出来るように継続的に取り組んでいく。」と語った。
今年は証券取引所の提携数が拡大される予定である。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト2011年第3四半期リテールFX市場調査報告書日本語版(全62ページ)を
特別価格でご購入頂けます。

 





コメントはまだありません.