バイナリーオプション人気上昇でSpotOption社が日本支店設立

by Forex Magnates at 30 November, 2011 カテゴリ: 取引システム

最新のフォレックス・マグネイトの四半期調査によると、SpotOption社はバイナリーオプションソフトウェアの最大手プロバイダーであり、東京オフィスの設立について発表した。
多くのバイナリーオプションブローカーが日本のトレーダーからの需要が増加していると報告している通り、最近日本はバイナリーオプションブローカーのハブ的存在として確立されつつある。
バイナリーオプションは独立した取引商品として、またFX取引の補足的商品として見られており、FXが盛んな国にとっては、次なるの大きなブームを作る良いチャンスである。
いずれにせよ、日本で間もなく数多くのバイナリーオプション商品が登場してくるだろう。バイナリーオプションマーケティングのほとんどは、FXブローカーによって行われている為、SpotOption社の今回の動きで、恐らく地元ブローカー達もバイナリーオプションの提供を開始するだろう。

アジア圏でSpotOptionのバイナリーオプションプラットフォームが大成功を収め、SpotOptionはバイナリーオプションビジネスを始めようとするアジアのオンラインオペレーターにさらに利用しやすくアクセス可能にする為に、現地に特化したサービスを展開してきた。

SpotOptionの最初の日本レーベルである『Option-Game』は、バイナリーオプション取引が出来る日本の窓口を探し求めていたアジア人トレーダーやゲーマーから絶大な支持を得て、最も成功したブランドの一つとなっている。
日本は、バイナリーオプションへの投資需要が想像以上に高かったので、次なるステップは必然的に、効率的に業務を拡大する為に日本人代表者の元、オフィスを構える事でだった。

世界的なプラットフォームプロバイダーとして、SpotOptionは世界中の顧客を囲い込んで来、SpotOption engine(SpotOpt01.2)を搭載した多数のローカライズされたバイナリーオプションのウェブサイトは東西ヨーロッパ、アジア、南米、北米、南アフリカ、中東で展開されている。

「バイナリーオプションは世界中にに劇的な入口を作ったが、日本は本当に私達の期待以上の参加意欲があった。オンラインオペレーターはこの熱意が冷めない内に手を打ち、競合がまだ少なく重要が高い今こそチャンスをつかむべきである。」とSpotOptionの設立者Pini Peterは述べた。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.