中東のFX事情

by Forex Magnates at 23 November, 2011 カテゴリ: FX取引サービス

石油国である中東は資本的収入や自由に使える資金において、力強い経済成長をしているので、多くのFX業者が進出したいマーケットとなっている。

この地域は金融市場で多様な取り込みがある。70年代以降数カ国はこの分野でのパイオニア的存在となり、その後他の国々が電子取引に参入してきた。

ヨルダン中央銀行は、店頭FX市場に最初に介入し、全ての業者に対しスポットFXとCFD取引の全面禁止を実施した。
私達は業者がこのしっかりした取引環境を立ち上げる為に出来る事を考えている。

FXCMやサクソバンクのような大手業者は大きな一歩を踏み出し、ドバイで規制されたオフィスを立ち上げた。
ドバイには発展したオフショア市場、自由貿易圏、国際的に認知されている規制された環境がある為、中東や南アジアの業者にとって安全な進出先となっている。

ドバイは、中東における金融の中心地として地位を獲得し、十分規制された株と商品取引の整備している。
当局らは、FXをアセットクラスとして規制しているが、どの規制をドバイ国際金融センター(DIFC)もしくはUAE証券商品委員会(ESCA)が実際管理しているのか混乱がある。

これはGCC(湾岸協力会議)にまで広がり、金融の中心地がFX規制の扉を開けたのでバーレーン王国は海外の名声を得られる事を期待している。しかし、イギリスや米国の大手業者達はドバイを好んでいる。

地元の銀行はマージンベースの商品の提供を避けてきたわけではない。私達は銀行が提供している商品やより多くのホワイトラベルビジネスのチャンスの存在について調べている。

フォレックス・マグネイトは業界のプロフェッショナル達とFXの歴史、規制、今後の可能性について考え、調査報告書にてFXが登場したての頃に遡り、FX業界の成長や過去10年間の取引行為に影響を与えた主な要因等についてまとめている。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com





コメントはまだありません.