米国政府、正式にMTI社とMartinezファミリーの調査終了

by Forex Magnates at 22 November, 2011 カテゴリ: FX取引サービス

今年初め、David Smithの巨額のFXポンジー詐欺について記事を書いた。2011年3月、David Smithは何千人もの投資家から2億2000万ドル以上を騙し取ったとして訴えられ、オーランド連邦裁判所で20件近くの罪状を認めた。David SmithはMartinezファミリーによって所有されていたNFAの当時FCM会員であるI-Trade社代表であった。

Smithの事件がきっかけで政府はMartinezファミリーに目を向け、今回の詐欺事件への関与の可能性があるとして2年以上の取り調べが行われた。
数日前、政府は正式にMartinezファミリーに対し罪は無く本件は幕を閉じた事を報告した。

私は、なぜ初期段階で調査が開始され、Martinezファミリーがこの詐欺事件に関与したのかが気になっていた。
下記が彼らの正式な回答である。

「David SmithはI-Trade FX社のパートナーの内の一人であった。彼がこの会社に関わるようになったプロセスは、NFAの審査認可を含んでいた。Smithが彼の投資家や私達の為にと主張し、I-Trade FX社に安心感を与えた。

Smithの詐欺行為の調査に政府が我々を含めた理由は何も知らされていない。David Smithによって実行された長期間の大掛かりな詐欺により、何千人もの人々に金銭的損害を与えた。
彼が単独で実行したのかそれとも共犯がいるのかを突き止める為に政府が彼の犯罪の規模を厳重に調査した事は理解している。

政府が調査に必要な全ての情報を入手すれば、Smith氏や彼の違法行為への共謀の疑いが消える事を常に信じていた。だからこそ私の家族は皆100%この調査に協力したのだ。

我々は皆、調査が完了し不正行為の疑いが晴れた事に感謝している。」

Martinezファミリーの公式なプレスリリース内容は下記の通りである:

    米国政府は、Market Traders Institute社、I‐TradeFX社、J.I.J Investments社、JIJ Management社、Jared F. Martinez、Jacob Martinez、Isaac Martinezに不当な関係性がないか数年に及ぶ調査を正式に終了し、ポンジースキームの実行者David Smithに有罪判決を下した。
    Market Traders Institute社、I-Trade FX社、J.I.J Investments社、JIJ Management社、Jared F. Martinez、Jacob Martinez、Isaac Martinezに対し、いかなる不正行為もDavid Smithとの不当関与もないとして起訴はされず、さらなる調査も必要ないと確認された。
    2年以上、弁護士とエージェントによる政府の調査チームは、売買記録、書類、事実を収集した。長期間の調査で、Simithによる大規模なポンジースキームに、Martinezファミリーや彼らのビジネスは一切関与していない事が明らかになった。
    David Smithの詐欺行為は、6000人以上に合計で約2億2000万ドルの損失を与えた。
    調査が開始されて以来、米国政府機関や弁護士との協力は徹底的な調査が行なわれたことを確証する為に最も重要であった。
    「個人的出費はかなりの額であったが、政府がより多くの事を知る程自分達の為になると実感した。
    一刻でも早くこの件が終わり、我々への疑いが晴れて欲しかった。」とMarket Traders Institute社(以下「MTI」)社長Jacob Martinezはコメントをした。
    彼らの政府との全面的な協力ですぐに疑いが晴れると期待されていたが、調査は2年以上長引いた。
    長期に渡る調査で、最終的にこの調査の傍観者であったMartinezが保有する証券会社『I-Trade社』が敗北した。
    Jacob Martinezにこの長い2年間にも及ぶ調査の中での最大の難関について聞くと、「何に対しても不当に非難される事が辛い。私たちが関連して有罪であると看做された事は不運である。本件が最終的に終結した事にほっとしている。私達のビジネスや家族の将来に期待している。」と答えた。
    また彼は「我々が培ってきた17年間のFXビジネスの評判に加え、優れた会社の発展に共に懸命に取り組んできた大勢の有望な従業員を失った事は最も耐えがたい。」と述べた。
    MTI社は、FX教育の先導者として世界中で認知されている。MTI社は1994年にJared F. Martinezによって設立された。
    彼は経験豊富なFXトレーダーであり、また名高い執筆者でもある。Jaredの息子とJacob MartinezはMTI社の代表取締役である。

David Smithの事件に関する詳細はこちら

悪評高いOlint社(数百万ドルを投資家から騙し取ったとされるFXポンジースキームを実行)のDavid Smithは、旧米国FX業者であるI-Trade社と関係があった。
2010年David Smithは米国へ引き渡されており、電子詐欺で4件、マネーロンダリングの共謀で1件、特定の不正行為を隠蔽するマネーロンダリングで18件起訴されていた。米国当局は、Smithが電子詐欺を通じて得た1億2800万ドルの押収を求めている。

David SmithはかつてI-Trade社の社長であった。
I-Trade社は適切なアンチマネーロンダリング(AML)業務の実行を怠ったとして(恐らくOlint社の件に関係する)NFAによって25万ドルの罰金を課せられると、すぐさま米国でのビジネスを縮小し1カ月後eforex社として再び登場した。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.