フィリピン中央銀行が外為規制緩和を承認

by Forex Magnates at 21 November, 2011 カテゴリ: FX取引サービス | 各国FX規制関連

フィリピン中央銀行(BSP)は、外国為替規制を緩和する新しい政策を承認し、通貨市場の安定性を維持する準備が出来ている事を発表した。
中央銀行は声明の中で、既存の規制の改正には、中央銀行に登録されていない民間企業の外国債を、認可された業者もしくは銀行の外国為替部門で購入された外貨を使用して支払う事を認める内容を含んでいると述べた。

中央銀行は今回の改正について、現在の経済状況に対応した外国為替規制の枠組みを維持する為の継続的努力の一部であると述べている。
当局は今まで銀行に対しノンデリバラブル・フォワード取引(NDF)における資金制限を設けていたので、本改正はトレーダーにとってはプラスの面がある。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com





コメントはまだありません.