ベルギー当局、UFX銀行に警告

by Forex Magnates at 21 November, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 各国FX規制関連

ベルギーの金融監督当局(以下「FSMA」)は、UFX銀行がベルギー居住者に対して投資サービスを提供し、銀行として自社について不適切な表現をしている行為に対して警告をしている。

UFX銀行は、イギリスのDalton House, 90 Windsor Avenue, London SW19 2RRに登録したオフィスを構えていると主張。

同社は、サービスの中でもとりわけ、FXデリバティブでの投機的な取引を提供していた。

ベルギー国内もしくはベルギーから発信して、投資サービスの提供や、銀行業務を実行するために必要な認可を受けていない。

FSMAは、UFX銀行の名前で行った全ての投資サービス商品や、同社が指定した全ての口座への送金行為に対して勧告をしている。

さらに、FSMAは、2011年7月29日に一般市民に対して出された投機的なFX取引に関連するリスクについての警告内容を再通知した。

提案されている取引規則についてのお問い合わせは、FSMAのウェブサイトの『Consumers』のページを参考して頂くか、相談窓口『Relations with Consumers of Financial Services』(電話:+32 2 220 59 10、e-mail: peri@fsma.be)にて受け付けている。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.