BNYメロン、過剰請求問題について解決する姿勢

by Forex Magnates at 15 November, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

BNYメロン社とState Streep社は、法人顧客のFX取引において過剰請求をした疑いで厳重な監視下に置かれている。
マサチューセッツ州財務担当官Steven Grossmanは、BNYメロンが州の年金基金に2,000万ドルを過剰請求したとされていたが、さらなる分析の結果でその金額は3,000万ドルを超える。
マサチューセッツ州は、この問題を明らかにするBNYメロンの社内メールの一部を抜粋して公開した。

[ロイター]:
BNYメロンの最高責任者Gerald Hassellは、協議が終わっていない公的年金基金の取引への過剰請求を回避するために、同社は顧客に対し新しい外国為替オプションを導入していると述べた。
同社の投資家向け説明会でHassellはまた、世界最大のカストディー銀行であるBNYメロンは、同社に対する数々の訴訟を合理的な方法で解決をしていく姿勢であるとも語った。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.