米国FXトレーダー、9月で2,000万ドル失う

by Forex Magnates at 11 November, 2011 カテゴリ: FX取引サービス | 世界FX取引業者動向

更新情報:何故私がこの数値について出金等ではなく損失によるものだと思っているのか、多くの読者から問合せを受けた。その答えは私も確実であるとは言い切れないが、顧客の預金に異常な程の大幅な減少があったからである。
私は、2011年初頭から顧客の預金の変化について調査をまとめてきて、7月は、唯一9月より大きな預金の減少があった。
この減少は、OANDA社が日本のFXブローカーの「My外貨」を買収し、多くの円建て口座が移管した事に起因している可能性がある。
これについて断定はできないが、彼らに連絡をとって真相を確認している。下記に月次顧客残高を表すチャートを記載する。

CFTCは毎月、先物取引業者(FCM)とリテール向け外国為替取引業者(RFED)の財務データを発表している。
また、この中でCFTCはリテールFX債務(基本的に業者が管理するリテールFXトレーダーの合計預かり残高を示す)も開示している。

2011年9月の報告書では、米国リテールFXトレーダーは約2,000万ドルを失ったと発表している。
しかし、この数値を注意深く見てみると、この報告書は合計の資金の変化を示しているだけで、変化の原因を具体的には明記していない。
私達は、リテールFX預かり残高の合計が2,000万ドル減少した事は、概ね9月の市場の乱高下によって発生した損失によるものだと推測しているが、完全に断定はできない。
OANDA社の顧客残高が1300万ドル以上減少した中、ILQ社、Tradestation社、FXclub社のようないくつかのブローカーは、顧客残高の増加が見られた。

さらに興味深い事に、リテールFX顧客債務報告書は、2011年9月は多くのトレーダーが資金を失ったと示し、2011年第3四半期の米国FXブローカーの利益率報告書では、反対に顧客の利益率の上昇を示している。

usforexequity92011 American forex traders lose $20 million in September

 

2011年8月 2011年9月 変動幅
ADVANCED MARKETS 1,527,782 1,392,951 (134,831)
ALPARI 10,829,320 10,595,935 (233,385)
FXCM 145,264,186 145,254,197 (9,989)
FXCLUB 3,097,749 4,488,081 1,390,332
FXSOL 17,325,490 17,083,483 (242,007)
FXDD 33,756,982 31,758,420 (1,998,562)
GAIN 97,819,890 98,486,559 666,669
GFT 91,754,561 83,813,305 (7,941,256)
ILQ 5,207,838 7,819,830 2,611,992
IBFX 31,623,759 30,232,166 (1,391,593)
MB 32,828,208 32,593,827 (234,381)
OANDA 161,477,887 148,089,093 (13,388,794)
PFG 33,991,858 33,213,234 (778,624)
TRADESTATION 37,336,604 38,537,987 1,201,383
XPRESSTRADE 578,289 936,685 358,396
合計 711,381,458 689,675,561 (20,124,650)

 

2011年顧客預かり残高の月別推移

2011 American forex traders lose $20 million in September

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.