NFAはMFグローバルに関する通知を発表、カナダ人顧客の今後の選択肢

by Forex Magnates at 8 November, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

MFグローバル問題は大勢のFXトレーダーの口座の行方が未解決のままであった。
フォレックスマグネイトの最新の調査によると、MFグローバルは200億ドルの月間リテールFX取引高があり、これは相当なリテール顧客がいる事を意味する。
MFグローバルカナダはFXCMのプラットフォーム「Trading Station II」と「MT4」をセミホワイトラベルとして使用してきた。
その後、FXCMはこれらのプラットフォームを今後カナダ人顧客に提供するFriedberg Direct社との提携に辿り着いた。
これにより、MFグローバルから顧客が資金を引き出す事が出来たら、MFグローバルカナダの顧客は同社を離れ、異なる業者にて同じプラットフォームを使用し続ける事が出来る。

NFAによる通知―2011年11月7日 Notice I-11-19

MFグローバルならびに関連事業団体が保有する資金の取り扱いについて

FCM会員、独立IB業者対象-この分類に属する全ての会員は回答を必須とする

MFグローバル Inc.の親会社MFグローバルホールディングスとその関連会社は、2011年10月31日月曜日に破産保護申請を行った。
その結果、2011年11月4日金曜日より、MFグローバル関連会社の手数料と保証金を含む債権残高は、規制目的上の自己資本報告に非流動(固定)資産/非容認資産として計上されなければならない。
さらに、MFグローバルInc.の顧客分別口座に含まれているMFグローバルInc.保有の取引口座は、口座残高の60%である必要がある。
FCMブローカーディーラーとIBIブローカーディーラーの二重登録の場合は、DEAまたはSECにて自己資本規制の報告要件を案内している。

この状況を踏まえ、NFAアンケートにある「貴社はMFグローバル社に資産を預けていたか」という最初の質問に少なくても必ず回答する必要がある。
この質問に対し、資産を預けていない場合はアンケートは終了で、もし預けている場合は具体的な残高を明記する。

また、MFグローバル関連会社に残高がある場合、上記で開示している資本の取り扱いを反映した2011年10月31日時点の『1-FR』もしくは『FOCUS』の報告書を2011年11月10日12PM(CST)までに提出する事。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.