ICAP社、10月の取引高7%ダウン

by Forex Magnates at 7 November, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

今年の夏は外国為替市場全体で活発な動きがあり、その後10月はユーロ・ギリシャ危機が継続しているにも関わらず、緩やかな減少で終わった。
ICAP社は、2008年以降三番目の取引高を記録した2011年9月と比べ、10月は7%の減少があった事を報告した。

今年の夏のボラティリティーは、ほとんどのリテールFX業者の収益性向上に繋がり、中小規模の業者を廃業から救ったかもしれない。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.