ベトナム中央銀行、FX規制強化

by Forex Magnates at 7 November, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

ベトナムは底固い経済で業者にとっては未開拓市場であるため、最近リテールFX業者から多くの関心を集めている。ほとんどの業者は地元のIB達やオンライン広告を通した中国でのやり方と同じようにベトナムでも運営している。しかし、規制を受けながら現地支店を設立しようと考えている業者もある。

ベトナム中央銀行(以下「SBV」)は木曜日、外国銀行らに対し外国為替取引行為における規制を厳守するよう要求した。

従って、外国銀行の支店や外資系銀行の責任者達は、現地の外国為替管理について現状の規制を順守しなければならない。

SBVによって発行された8608/NHNN-QLNHによると、「未だに、中央銀行が定めた上限より高い為替レートで外国為替取引を行っている外国信用企業や外国銀行の支店が存在する。
これは新しい政策の有効性や外国通貨市場の安定性、また地元金貸業者のビジネスにまでも悪影響を及ぼしている。」と述べている。

この状況を改善する為に、多くの外国銀行やその支店に対し、監査・監督機関は、インターバンク市場を介して行われる顧客との外国為替取引の実態について調査を行う予定である。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.