インド証券取引所で米ドル/インドルピー取引が人気を維持

by Forex Magnates at 6 November, 2011 カテゴリ: FX取引サービス

インドルピーの通貨先物が開始されて以来、インド金融市場はかつてないほどの成長を見せ、対インドルピーの英ポンド、ユーロ、日本円の取引導入を誘因している。

インドルピーの通貨先物は2008年に導入され、証券取引所やブローカー達は流動性をもたらそうと必死に勧めている。インド国立証券取引所(NSE)は、取引量を増加させる為に手数料ゼロで開始した。
しかし、今では全ての取引所(NSE、インドユナイテッド証券取引所(USX)、インドマルチ商品取引所(MCX))が手数料を徴収するようになり、取引高はこれに伴い減少している。

規制緩和されたガソリン価格の最近の値上げは 対ドルのルピーの下落に一部起因し、為替市場でボラティリティーの重要性を示している。
店頭FX先物取引とスワップ取引、上場デリバティブのマーケットは輸出入業者にとって、唯一の為替リスクヘッジの手段である。

外国資金規制法案(FCRB)は国内の上場デリバティブ市場の動向について、3年前に通貨先物の取引が開始されて以来、主にインドナショナル証券取引所(NSE)、MCX証券取引所(MCX-SX)、インドユナイテッド証券取引所の3つの取引所の通貨デリバティブセグメントで成り立っている、と分析した。
店頭FXフォワード取引とスワップ取引市場が売上高の大半を占め、限られた参加者・透明性の欠如・信頼性の高い情報が、マーケットでの真のトレンドを判断する事を困難にした。

2008年の9月から10月の間に米ドル/インドルピーの先物取引を開始した2大上場デリバティブ取引所であるNSEとMCX-SXの取引高は、年間ベースで伸び続けている。

2010年11月1日から2011年10月31日までの間、NSEの通貨デリバティブのセグメントは、ドル-ルピー、ユーロ-ルピー、英ポンド-ルピー、円-ルピーの先物取引とドル-ルピーのオプション取引で構成され、1835億7000万インドルピーの一日平均取引高を記録した。
2009年11月1日からと2010年10月31日間と比べ39%上回っている。この期間内の2010年2月にはNSEやMCX-SXでユーロ‐ルピー、ポンド‐ルピー、円-ルピーの先物契約が開始されている。通貨オプションは2010年10月29日にNSEに導入された。

MCX-SXの通貨デリバティブセグメントでは、一日平均取引高が2009年11月から2010年10月までの期間の1590億インドルピーから6%上昇し、2010年11月から2011年10月では1685億7000万インドルピーであった。MCX-SXは、まだその通貨デリバティブ商品の中で通貨オプション取引を提供していない。

第3位の通貨デリバティブ取引所であるインドユナイテッド証券取引所(USE)は2010年9月に開設され、一日平均708億1000万インドルピーの取引高を記録した。
通貨デリバティブの成長は、銀行、デイトレーダー、法人ヘッジャー、投機家などあらゆるタイプの参加者の増加を反映している。

インドの活気のあるOTC市場は激戦を繰り広げ、トレーダー達は、通貨先物が数社の大手銀行やブローカーによって大半を占められているOTC市場での取引よりも、12倍安くなることを見出している。
さらに、従来の株トレーダーや投資家達にとって、通貨先物のより長い取引時間、レバレッジ、流動性、小さい取引規模は非常に大きなメリットとなっている。

外国為替証拠金取引は長い間グレーゾーンにある。フォレックスマグネイトチームはインドにおけるFXの歴史、ブローカーの現状、2000万の証券取引口座がある10億の市場に取り組む新しい方法に関する詳細なレポートをしてきた。
政府は断固としてFXを隔離しているが、我々はこの市場で新たなビジネスチャンスを見つけるために有益な情報を見出している。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com





コメントはまだありません.