NFAは追加報告書の提出義務やFX業者のM&Aに関する新規則を最終決定

by Forex Magnates at 1 November, 2011 カテゴリ: 各国FX規制関連

米国先物協会(以下「NFA」)は、最近NFAが取り組んでいた新たな一連の規則を発表した。その新規則は顧客ポジションについて業者から日次、月次、および四半期報告を義務付けるものである。
NFAは、会員に重要な責任性についても再認識させ、米国FX業者が業者の買収時、大規模な口座の一斉移管が行われるFX業者のM&Aについての規則も発表した。
これは、今年実施されたゲイン社とCMS社ゲイン社とdbFX社の譲渡のようなかなり多数の取引を逃す事となった。

NFA Financial Requirements Section 13の改正とFX取引についての解釈上の説明(Interpretive Notice)の効力発生日について

NFA Financial Requirements Section 13の改正案および外国為替取引とFX取引に関する解釈上の説明は2012年1月2日に有効となる。
Financial Requirements Section 13の改正案では、FDMに対し、NFAに電子的方法で、顧客に対する業者の負債とNFAに要求されたその他の財務や業務情報を示す日次報告書の提出を義務付けている。
FX取引に関するNFAの解釈上の説明の改正案は、現在NFAに要求されるその他の財務および業務情報の詳細を明確にする。
特に、解釈上の説明ではFDMに下記を提出するよう要求している:

  • 全ての先物ならびにオプションのFXポジションの合計想定元本額を日次報告
  • 会社の顧客ベースとマーケットエクスポージャーのリスク管理についての詳細情報を月次報告
  • CFTC規則5.5(e)(1)(i)(iii)で要求されている最新の実績開示を含む四半期報告

 

この最初月次業務報告書と、四半期実績の開示レポートは2012年1月17日が提出期限となっている。

NFA Compliance Rule 2-40とFXポジションの譲渡・精算処理ならびに顧客事業停止に関する解釈上の説明について

NFA Compliance Rule 2-40とそれに関連する解釈上の説明:FXポジションの譲渡および清算処理;
『顧客事業の停止(Cessation of Customer Business)』では、リテールFX顧客のFXポジションの大規模な譲渡、精算を行う際、FDMが従わなければならばい手続きについて説明している。
NFAは、FXのIB業者もこの要項に該当する事を明確にし、これらの取引に携わるIBやFDMがNFAに義務付けられている追加要項と同様にCFTC Regulation 5.23にも従わなければならないと規則を改正した。:

  • 譲受人であるFDMまたはIBは、新規ポジションの注文を受け付ける前に、Compliance Rule 2-36に基づき要求されている顧客の個人情報と財務情報を(顧客または譲渡するFDM/IBのどちらかから)取得しなければならない。
  • 譲受人であるFDMまたはIBは、それぞれのリテールFX顧客に、前四半期中に、譲受人であるFDMによって保有される収益性のある口座とない口座の割合について、CFTC Regulation 5.5(e)(1)(i)-(iii)に基づき要求されている情報開示をしなければならない。
    但し、譲受人であるIBが譲渡人のIBと同じFDMに顧客を仲介する場合は、顧客は既に譲渡人のIBからこの当該FDMの実績を通知されている為、これは除外される。
  • 譲受人であるFDMまたはIBは、顧客が譲渡を希望した場合CFTC Regulation 5.5(e)(1)(i)-(iii)の情報開示をしなければならない。

 

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.