米MFグローバルが破産法申請、インタラクティブブローカーズに売却か

by Forex Magnates at 31 October, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

ボストンのマーケットウォッチ(MarketWatch)-ニューヨーク連邦準備銀行が、MFグローバル社との新規取引を停止し、同社は31日月曜朝、ニューヨークの裁判所に連邦破産法11条の適用を申請した。

NYロイターは、問題のMFグローバル社は30日日曜深夜時点で破産法の申請とインタラクティブ・ブローカーズ社(Interactive Brokers)へ資産売却を行う方針で合意が近かったと伝えた。

米紙ウォールストリートジャーナル(以下「WSJ」)と英紙ファイナンシャルタイムズは、暫定案としてMFグローバル社の持ち株会社が会社更生手続きを申請し、インタラクティブ・ブローカーズ社に資産を売却する方向であると報道した。

また、WSJは、裁判所の監督下で行われる競売でインタラクティブ・ブローカーズ社が約10億ドルで入札する見通しであったと伝えている。

米先物ブローカーであるMFグローバル社は元ゴールドマンサックスのCEOであったジョン・コーザイン(Jon Corzine)がCEOを務めており、この1週間は四半期損失の発表や、株価の70%近い急落、信用格付けがジャンク級に引き下げられたりと同社は苦境に陥っていた。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.