TradoLogic社、バイナリーオプションの新ツールを公開

by Forex Magnates at 31 October, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

通常ソフトウェアプロバイダーは特許出願中のツールを公開せず秘密にしておくが、TradoLogic社はその内容を発表し、新規顧客の獲得を試みている。いくつかのツールは大変興味深いものである。

“TradoLogic社は、取引ツールを公開し未だ特許出願中のツールの事前発表会を行った。
TradoLogic社の取引ツールはオンラインの世界に旋風を巻き起こすバイナリーオプション取引ゲームに多様性と楽しさを加え、より豊かな取引経験を実現させる。

バイナリーオプション取引は様々な理由で非常に人気が出てきている、その理由の一つは、取引方法が単純で簡単な事である。
TradoLogicチームは、シンプルでありながら総合的な経験を向上させる様々な取引ツールを追加する事で取引経験に革命をおこした。

バイナリーオプションの単純なメソッドは、例えば金のような取引銘柄が、ある一定の決められた価格(ストライクプライス)から取引終了時点までに上がるか(コール)、下がるか(プット)を予測するものである。
トレーダーは予測が当たれば、最大191%のリターンを受け取れ、一方予測とは事異なる方向へ向かえば損失を被る。(利益や損失リスクは事前に確認する事が出来る)また事前に取引銘柄の動向についても確認出来る。

TradoLogic社がエンドユーザーに独自に提供している既存のツールは下記の通り:

  • 『Take Profit』:取引終了前に利益を実現させる為にイン・ザ・マネーで手仕舞い出来る。
  • 『Stop Losss』:取引終了前に損失を抑える為にアウト・オブ・ザ・マネーで手仕舞い出来る。
  • 『Extend(Roll Over)』:注文後、特定のオプションの取引終了時間を延長する事が出来る。
  • 『Double』:利益が出そうな保有オプションに対して投資額を倍に出来、取引終了時に予測通りであれば倍のペイアウトを受け取る事が出来る。
  • 『Auto-trade(もしくはRoller)』:システムが連続して同じ取引を実行する事を可能とする。同じ取引は最大5回まで実行可能で、各取引では前回の取引で獲得した利益を次回の取引の投資額に加えていく。
    取引は予測と反対方向に行かない限り継続される。

 

現在特許出願中の新ツールは下記の通り:

  • 『Knock In』:コールまたはプット、投資額、ストライクプライスを特定した指値注文が可能。指定したストライクプライスに達した時に注文が実行される。注文は削除が可能である。パソコンの前にいなくてもシステムが自動で注文を実行してくれる。
  • 『Insurance』:特定のオプションがアウト・オブ・ザ・マネーで取引を終了した場合、投資額の返済を保証する「insurance policy」を購入する事が出来る。
  • 『Split』:価格が思わしくない方向に行った場合のリスクをコントロールし続ける為に取引終了前に、投資額を分割出来、最初のオプションの一部を別のオプションに再び投資する事が出来る。
  • 『Reverse(もしくはOpposit)』:元のプレミアムとペイアウトの条件を維持しつつ、現在価格を新しいストライクレベルとし、コールからプットへ、プットからコールへという様に、当初の予測とは逆方向の予測に変更出来る。
  • 『Split Reverse』:投資額を分割し、最初のオプションの一部を、反対方向の別のオプションに再び投資する事が出来る。(例えば、コールオプションをコールとプットに分割する事で新しいオプションは、当初のペイアウト条件を維持し、現在価格が新しいストライクレベルになる。)

 

バイナリーオプション取引は人気が高まっており、TradoLogic社は高まる需要に応えるため新たな挑戦をしている。
TradoLogicチームはエンドユーザーのために新しく画期的な機能を継続的に提供できるよう、技術革新・開発を行い最前線の地位を確保している。”

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.