Mankoff社主催イベント、FX高頻度取引に注目

by Forex Magnates at 27 October, 2011 カテゴリ: 各国FX規制関連

Mankoff社は、金融市場での高頻度取引、レイテンシー・規制・テクノロジーを含む重要なトピックについて理解を深める為に業界の専門家達を集めるイベントを開催している。

次回のイベントはニューヨークのタイムズスクエアで来月11月10日に開かれる。

mankoff1 Mankoff events continue to shed light on High Frequency Trading in FX

外国為替証拠金取引は、取引高の成長で言えば、過去10年でナンバーワンの実績を誇るアセットクラスである。
最新の国際決済銀行(BIS)の調査によれば、1日に4兆ドルもの取引が行われている。
流動性、ボラティリティー、24時間取引で、為替取引はリスクを避けたがる多くのトレーダーを魅了している。これにより長期間著しく成長している。

ヘッジファンド、アセットマネージャー、年金基金の増加はめざましく、FXが与える膨大なビジネスチャンスに応えている。
2011年の夏には、VIX指数が8月と9月を通し30の重要指数を上回り、予想以上に強いボラティリティーがあった。
主要通貨では、スイスフランは急伸し、対ドルで2.2%、対ユーロで1.69%上昇した。また、円とユーロは対ドルでそれぞれ1.39%と0.5%上昇。
この四半期で、対ドルでスイスフランは9.64%、ユーロは1.89%、円は3.55%上昇した。

金融恐慌以来、当局らは、ベア―スターンズ社、リーマンブラザーズ社のような最大手企業の見直しに影響する多くの要因に着目している。

新ドッド・フランク法、欧州委員会、MIFID2は業界が直面している問題である。

Mankoff社の次のイベントは、FX業界の主要な専門家を招き、パネルディスカッションではトレーダーが抱えている問題も取り上げられる。
高頻度取引トレーダー、営業したての業者や、レベルアップをする為に様々な取引戦略を試す参加者に関わらず、このイベントでは、何が有効であるかとその理由について現実的な事例を提供する。

本イベントは下記を含む業界最高レベルのパネリストを招いている。
・リスクの透明性を提供するInvestor Analytics社のCEO、Damian Handzy
・Electronic Trading & Trading Technologyのエキスパート、Eric Karpman
・BCM International Regulatory Analytics社の設立者兼マネージングディレクターのBarbara Matthews
・M3 Capital社社長、John Netto

このニューヨークでのフォーラムに興味のある方は、こちらから現在も申込が可能となっている。
ロンドンフォーラムはこちら
シカゴフォーラムはこちら

フォレックスマグネイトチームはロンドンイベントより単独レポートを行っていく予定である。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com





コメントはまだありません.