FXが取引所へ?-MiFIDの改正案発表

by Forex Magnates at 25 October, 2011 カテゴリ: 各国FX規制関連

10月20日の「金融商品市場指令(MiFID)」の改正案の発表は、金融市場のトレーダー達に大きな懸念をもたらした。
特に、FXのトレーダーやディーラー達は、OTC取引商品が取引所か電子プラットフォームで取引されるよう勧めている新しい規制に不安を募らせている。

欧州委員会はトービン税を導入する方針を示し、厳しい視線が注がれている。ロンドンやフランクフルトを含む主要な金融の中心地ではトービン税はビジネスを危機に追いやる可能性があると考えている。

FXは取引量、注文執行、流動性など現物株式とは全く異なる性質を持っている。全てのアセットクラスに対応するための標準化されたやり方は複雑な金融商品において最良の方法ではないように見受けられる。

フォレックスマグネイトは次期四半期レポートにてドッドフランク法とMIFID2について取り上げる予定である。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com





コメントはまだありません.