GFT社、CFDとバイナリー取引に加えFXオプション取引を開始

by Forex Magnates at 21 October, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

GFT社は、取引プラットフォーム「DealBook」に重大な機能追加をし、つい先日リリースされたCFDやバイナリー取引に加え、FXオプション取引(ヨーロッパ対象)の提供も開始した。
これは、GFT社のDealBookをマルチアセットトレーディングプラットフォームに変え、顧客が一つのインターフェースからどのタイプの取引も出来、大きな利点となる。
今回の実装はGFT社の技術開発を担っているDevexperts社によって行われ、これら全ての取引商品を一つのインターフェースに集約するという素晴らしいプロジェクトを実現させた。
GFT社は第3四半期のフォレックスマグネイト調べのリテールFX取引高で6位にランクインしている。これらの新しい取引商品の追加は間違いなくGFTの発展を促進させるだろう。

オンライン為替取引、スプレッドベッティング、CFD取引を提供する世界大手のGFT社は、ヨーロッパのトレーダー向けに、取引プラットフォーム『DealBook』を使ったFXオプション取引の提供を開始した。
GFT社のFXオプション取引の提供でトレーダーは、主要10通貨ペアの投機、マーケットの上昇・下落時の利益追求、潜在的利益を保持しながらのリスク管理、新規もしくは既存ポジションのヘッジ取引を行う事が出来る。

オプション取引とは源資産を一定期間で決められた価格で売買する権利を取引する事を指す。FXオプション取引では、この源資産は通貨ペアである。

GFT社のFXオプション取引のプラットフォームはスポットFX取引と同じような取引時間帯で、ストリーミングクオートへの24時間アクセスを提供する。トレーダーは10通貨ペアでOTCバニラコールとプットオプションの取引が可能である。FXオプションのモジュールにより、バーティカル、ストラドル、ストラングル、リスクリバーサルを含む複数のスプレッドストラテジーを新規注文画面で簡単に実行する事が出来る。
GFT社でのFXオプション取引は、ヨーロピアンスタイルとなっていて、イン・ザ・マネーのオプションは自動的にポジションとして建つ。

FXオプショントレーダーはGFT社に約定力の速さ、競争力の高いスプレッド、無料の各種教育ツールやリソースへのアクセス、優秀な24時間対応のカスタマーサポートを期待できる。

FXオプション口座開設と詳細については公式ホームページまで。

GFT社について
GFTはロンドン、ドバイ、ニュージャージー、シンガポール、シドニー、そして東京の現地事業所から、迅速で効率的かつ安全に、広範囲のマーケットで取引する機会を世界中の顧客に提供している。
数々の賞を受賞したプラットフォーム、『DealBookR』はデスクトップ、ウェブ版、モバイル版が利用可能となっている。また、GFTは自動売買や、24時間のカスタマーサービス、市場が激しい時でも競争力のあるスプレッドを提供している。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.