ステートストリート社のFXのプライス問題をめぐり集団訴訟

by Forex Magnates at 14 October, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

State Street社のFXレート問題は収まる気配がない。

ニューヨークのLaw360(2011年10月13日7:28 EST)によると、ステートストリート社(State Street Corp.)の子会社2社は水曜日、この金融業者が外国為替証拠金取引において非公表のマークアップを上乗せしたと主張するいくつかの年金基金から集団訴訟を起こされた。

メリーランド州フレデリック在住のArnold HenriquezはWaste Management Retirement Savings Planやその他の同様の制度を代表して、従業員退職所得保障法(エリサ法)の下訴訟を起こした。

この訴訟内容は、2001年に始まりこの子会社が早い段階であるFXレートで取引を実行した等というものである。
より詳しい内容はこちら(Law360)

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.