Ray WhiteとCRW社、FX詐欺で1900万ドルの支払い

by Forex Magnates at 11 October, 2011 カテゴリ: 各国FX規制関連

2011年5月、Ray Whiteは懲役10年の判決を受けた。

2011年10月、Ray Whiteの息子であるChristopher Whiteは父の詐欺行為から得た不正資金を支払うように命じられた。

ワシントンDC - 米国商品先物取引委員会(以下「CFTC」)は、テキサスマンズフィールドの被告Ray M. White、CRW Management LP社(以下「CRW社」)、共同被告人Christopher R. White、Hurricane Motorsports, LLC社に対し、残債務を解決する連邦裁判所の同意審決を得た。

本件は、2009年3月4日にCFTCがテキサス州北部米連邦地裁で数百万ドルのFXの店頭取引詐欺(ポンジースキーム)で被告らを起訴した事がに起因する。(2009年3月5日のCFTC Press Release 5626-09参照)共同被告人らは、被告の不正行為の結果得た資金を受け取り、これらの資金を受け取る正当な権利がなかった為起訴状に名が連ねられていた。

2011年10月5日の同意審決では連帯して不正利得9,548,365ドルの支払いを被告らに請求、Ray Whiteには民事制裁金として9,548,365ドルの支払いを要求した。

2009年10月1日の裁判所での終局的差し止め命令の審決では、被告に対し債務問題を解決し、永久的に商品取引に関連した行為に関与する事、またどのような形であれCFTCに登録する事を禁止した。当時の審決では、少なくても2006年11月から2008年11月までFX取引目的という名目で約411人の顧客から1190万ドル以上を集めた事が明らかになった。また、このスキームを実行するために、被告らは既存顧客や見込み顧客にCRW社がFXで実績を挙げて来ている等と言い、週約5-8%の利益率(年間260-416%)を生みだす事が可能であると伝えていた。しかし、CRW社はFX取引を行った事などなく、Ray Whiteは彼のFX取引で資金を失い、ポンジースキームを行って数百万ドルもの顧客の資産を不正流用した。

裁判所によって2011年9月27日に下されたもうひとつの審決では、被告人Christopher WhiteとHurricane Motorsports社に380,000ドル以上の不正利得の返還を要求し、管財人Timothy A. Mackに管理されている資金や不動産を含むその他の資産の権利放棄をする事を要求した。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.