モルガンスタンレー社、FXマネーマネージャー用プラットフォームをリリース

by Forex Magnates at 10 October, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

グローバル銀行のモルガンスタンレーは機関投資家がカレンシーマネージャーにアクセス出来る事を目的とした新しいマルチマネージャープラットフォーム、FX Gatewayを発表した。そして、このプラットフォームはカレンシーマネージャーに多様な投資家基盤を提供する。FXのプライムブローカー及びプラットフォーム販売業者として務めているモルガンスタンレー社だからこそ、FX GatewayはFXビジネスとその流通機構における企業の専門知識を活用する事が出来る。

モルガンスタンレー社のFX・新興市場のマネージングディレクター兼COOのMartine Bondは下記の様に述べている。

“当社の機関投資家のお客様はアセットクラスとしてのFXマーケットに益々魅了を感じています。なので私たちは、確かな通貨投資専門知識を持ったマネージャーにアクセスする方法を捜しています。投資家にとって投資をより効率的に行う手助けをする手段としてFX Gatewayを提供出来る事を大変嬉しく思っています。これはモルガンスタンレーのFXビジネスへの取り組みの一例です。”

FX Gatewayは、厳選したクライテリア、標準化されたデューディリジェンス・プロセス、カレンシーマネージャーの継続的監視を採用していて、このそれぞれが、プラットフォームのプログラムアドバイザーならびに受託者としてMercer Investment Consulting社(以下「Mercer社」)により実施されている。厳格なクライテリアと継続したデューディリジェンス・プロセスに基づいたMercer社によるカレンシーマネージャーの独立した選択は、このプラットフォームの全てのカレンシーマネージャーが要求された基準に応じ、それを維持できるように設計されている。

Mercer US社の投資コンサルティングリーダーのJeff Schutesは下記のコメントをしている。

“FX Gatewayのプラットフォームの開発において当社はモルガンスタンレー社と連携出来る事を嬉しく思っています。これはMercer社のカレンシーマネージャーについての知識とモルガンスタンレー社のFXのプライムブローカーとしてのモルガンスタンレー社の販売能力の両方を活用するための効率的で強固な手段です。”

FX Gatewayで投資家はFXの戦略的要求に応じている商品の中から選ぶ事が出来る。また投資家はマネージャーの実績と日々のリクイディティの透明性を得る事が出来る。純資産価値の計算の独立性を確立させ、業務効率を最大限に上げる為にSS&C Technologies社の技術を活用する為に、プラットフォームの管理者はSS&C Technologies社となっている。

初期段階では、FX Gatewayは10-15のマネージャーが予測されている。C-ViewとCambridge Strategyが最初の2つのマネージャーで、10月中旬までにさらに7つのマネージャーが追加される予定だ。

C-Viewのマネージングディレクター兼ポートフォリオマネージャーのPaul Chappellはこのリリースについて下記をコメントしている。

“当社はFX Gatewayのリリースで最初のマネージャーのグループに入れた事を光栄に思っています。当社にとって、
GatewayはC-Viewの通貨管理口座プログラムへの幅広いアクセスを提供しています。この商品の提供とモルガンスタンレー社がその販売を可能にしたリソースの両方に感動しています。アセットクラスとしての通貨取引における良い条件が豊富な現在の環境で、より多くの幅広い投資家達に多くの厳選されたマネージャーへアクセスする事を可能とします。”

Cambridge StrategyのマーケティングディレクターDerek Doupeは下記のように述べている。

“このプログラムの初期マネージャーの一つになれて大変嬉しいです。また、FX Gatewayでマネージャーを選ぶためにMercer社の使用した事は投資家にハイレベルな快適さを提供する事と信じています。”

AllianceBernsteinはもう一つのカレンシーマネージャーで、数週間内に追加されると期待されている。AllianceBernsteinのシニア計量アナリストのChung Maは下記のように述べている。

“過去5年に渡ってモルガンスタンレー社と仕事をしてきたが、我々はモルガンスタンレー社のFXサービスに費やした莫大な投資に感銘を受けています。これは2社間での独自の相乗的機会であるゲートウェイの土台を作りました。我々はこのプラットフォームのリリースに興奮しており、繁栄している関係の中この新しい販売手段を探究しています。”

ヘッジファンドがクリアリングパートナーの多様化を行い始めており、モルガンスタンレーは金融恐慌後FXプライムブローカーサービスを押している。モルガンスタンレー社はオープンソースのフレームワークであるFlexテクノロジーを使って構築されたプラットフォーム『Matrix』を提供している。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com





コメントはまだありません.