Gain Capital社、CFD取引に銘柄追加

by Forex Magnates at 30 September, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

ニューヨーク証券取引所上場のGain Capital社は、マルチアセットグローバルブローカーとして、その地位を強化している。同社は新しいCFD取引銘柄の拡大で新規顧客の囲い込みをし、アメリカ本社を中心にグローバルにさらなる成長を続ける。

新たに追加された銘柄は銅、天然ガス、灯油、砂糖、綿、とうもろこし、小麦、大豆である。

これらは、FOREXTrader PRO、iPhone、Android、MT4を含むFOREX.com社のトレーディングプラットフォームで僅か1%の証拠金で取引が可能となっている。

GAIN Capita社のEVPのSamantha Roadyは下記のように述べている。

“これらの新しいコモディティーCFD取引の銘柄はお客様のフィードバックから生まれ、FX取引に加え様々なマーケットでの取引をしたいというお客様の要望を実現化しています。これらの新しいマーケットで取引をするお客様はFOREX.comの徹底した調査と、他社に負けないプライシング、約定能力の高さによって支えられています。”

現在、FOREX.com社はFX、インデックス、コモディティーを含む70以上のマーケットでの取引を提供している。

今回の銘柄追加のアナウンスは、今週あった、過去に受賞歴のあるプラットフォーム”FOREXTrader PRO”の新バージョンのリリースに続く発表であった。同プラットフォームは強化されたチャート機能、分析ツール、自動取引ストラテジー、完全一体型のリサーチと情報を特徴としている。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com





コメントはまだありません.