インドルピー、史上2番目の下落幅

by Forex Magnates at 23 September, 2011 カテゴリ: FX取引サービス

FOMCの声明によるマーケットの乱高下は、株や商品取引に大きな損失を生じさせ市場に激震を与えた。

米ドルが安全な資産として投資家達に求められ続け、外国投資家の流入の期待が裏切られた為、インドルピーは史上2番目に大きい下落となった。ルピーは対ドルで1.24ルピー下落し、終値は49.58。現在は、1ドル=50ルピー以下でさらに弱まると予想される。

海外旅行を計画する人々は、3か月前にドルを購入しておいたであろう金額より、10%近くも費やさなければならなくなる。ルピー安は石油を含む輸入品をより値上げ、インフレ圧力を高める。一方、輸出業者はドルでより多くのルピーを得られる為利益を上げられる。ルピーの下落は海外労働者達の自国への送金と国内預金を助長する。

FXディーラー達は、水曜日の対ドル49ルピーに比べ最悪の事態は、オフショアマーケットで50.21で3カ月のフォワード取引がされている事ではないかと述べている。海外でルピーの取引をする事は出来ないが、ノンデリバブル・フォワードの取引(現地通貨の受け渡しを行わず、取引レートと決済レートの差額を米ドルで決済する取引)を通して彼らのエクスポージャーをルピーに分散しリスクを回避している。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com





コメントはまだありません.