FXDD、アイルランドのFrontier FXを買収

by Forex Magnates at 21 September, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

今回の買収は、過去に買収をあまり実施してこなかったFXDD社にとって最初の買収の一つである。FXDD社にとってFrontier FX社の買収は、リテール顧客の獲得よりも高度なマルチバンク電子取引プラットフォームへのアクセスをスムーズにするためであると考えられる。FXDD社はマルタで既に規制されており、MiFiD (The Market in Financial Instrument Directive)の下、営業をしている。買収は支店のリストにオフィスをただ追加するだけで、ライセンスには影響を与えない。

ニューヨーク、ニューヨーク州 – オンラインのFX取引と教育の中心的企業であるFXDDヨーロッパは、アイルランドの首都ダブリンを拠点としグローバルに展開する大手FX企業、FrontierFX社を買収した事を発表した。Frontier FX社はプロトレーダーに焦点を当て、直物と先物のFX取引のためのマルチバンク電子取引プラットフォームを提供している。契約内容の詳細についてはまだ公開されていない。

これにより、FXDD社はFrontier FX社のサービスとテクノロジーをFXDDヨーロッパに間もなく導入する事ができ、ダブリンとロンドンに支店を置く予定である。

FXDD社のチーフオペレーティングオフィサー、Lubomir Kanetiは下記のように述べている。

“この戦略的買収は、世界中の顧客に本当に価値あるサービスを提供し続けるFXマーケットのグローバルパートナーとして、FXDDヨーロッパを通じ、FXDDのさらなる発展につながる。業界シェアの拡大に加え、自分たちの業界についての知識、経験、Frontier FX社の優秀なスタッフチームとの関係を深めて行く。”

また、Frontier FX社の法人担当のディレクター、John Martinは次のように述べている。

“我々は、FXDDのような有力でグローバルな組織に参加出来る事を光栄に思っている。ヨーロッパ全体を通じ、これからもプロトレーダー達に、最高クラスのツール、戦略とプラットフォーム、約定力、優位なプライシング、深い流動性を提供し続ける。FXDDとの連携は我々のFXマーケット全体での地位を強化すると確信している。”

  • FXDD社について

本社をニューヨークの7ワールドトレードセンタービルに置くFXDD社はCFTCにFX取引業者として、またNFAのメンバーとして登録している。オンラインのFX取引や教育の中心的企業で、優れた顧客サービスの提供、強力なトレーディングテクノロジー、信頼性の高いストリーミング流動性の提供に専念している。また、世界中の個人および法人投資家、ヘッジファンド、営利団体、証券会社、マネーマネージャーにサービスを提供している。24時間取引ができるプラットフォームとして、メタトレーダー、PowerTrader、ミラートレーダー、FXDDTrader、JForexを提供。現在は、優位なプライシング提示、手数料無料、完全自動約定もサービスの特徴である。また、米国では主要通貨ペアには50倍のレバレッジと低 スプレッドを提供している。

FXDDのTwitterはこちら、Facebookはこちら

  • Frontier FX社について

Frontier FX社はプロトレーダーに焦点を当て、直物と先物のFX取引のためのマルチバンク電子取引プラットフォームを提供している。このサービスは銀行、ファンドマネージャー、ヘッジファンドやCTA(商品投資アドバイザー)に、グローバルなFX市場での取引を可能にする為に提供されている。また、グローバルなインターバンク取引のネットワークを通し、その優れた流動性で最良のレートを顧客に提供している。
同社は50年以上の経験を持つプロのトレーダーによって設立され、優位なプライシング、深い流動性、一流のカスタマーサポートでハイクオリティーなサービスを展開している。

この記事の原文はこちら

Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.