インドネシア中央銀行、ルピア防衛

by Forex Magnates at 20 September, 2011 カテゴリ: 各国FX規制関連

インドネシアの中央銀行と財務省は、急激な変動からルピアを安定化させ、国内の流動性を強化するために新しい政策を講じた。

ルピアは現在、主に輸出入業によってオフショアで制限され取引されている。
新たな政策は、海外に置かれたインドネシアの輸出業者の資金をインドネシアに戻す事と、オフショアでの借入を制限することである。

インドネシアの輸出市場は巨大で約1580億ドル(2010年)、輸入は約1320億ドル(2010年)の規模である。2011年第1四半期の外貨準備高は約1000億ドルであった。

投資家は、ジャカルタ先物取引所でインドネシアルピア(IDR)を取引することができ、これらの新しい規制は国内取引や投資を強化しているように見える。

またこの規制は、海外投資家への警告としても意味する。政府が通貨を制御する事を予測された場合、投資家はルピアとルピア建て資産への投資に消極的になる。この新たな政策が発表された時、ドルの対ルピア相場は4%下落した。

ローカルスポットFX取引は、インドネシアでは巨大マーケットで、国内投資家は標準取引量で取引を行っている。一人当たりのGDPは5000ドル以下(2010年)なので、グローバルなFXマーケットでのミニやマイクロトレードは投資家にとってより魅力的である。Valbury Capital社のような業者は事業拡大し、イギリスで国際的事業を開始している。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com





コメントはまだありません.