CFTC、Toby Hunterと関連会社2社を数百万ドルの不正流用により告訴

by Forex Magnates at 11 September, 2011 カテゴリ: 各国FX規制関連

ワシントンDCで、米国商品先物取引委員会(以下「CFTC」)は、ノースカロライナ州シャーロットの連邦裁判所が、同州ワックスホーのToby D. Hunterと彼が経営する会社Prestige Capital Advisors, LLC(以下「Prestige社」)とD2W Capital Management, LLC (以下「D2W社」)の資産凍結の緊急命令を出した事を明らかにした。
この裁判所命令は裁判官Max O. Cogburn, Jr.によって下され、被告の会計帳簿破棄の禁止命令も出され、CFTCにこの帳簿へのアクセスを直ちに許可した。裁判官は被告に対し、仮差し止め命令の審尋の為2011年10月3日に法廷へ出頭するよう命令を出した。

本件は2011年9月6日、米国ノースカロライナ州西部シャーロット地区裁判所に出されたCFTCの民事訴訟から始まった。CFTCの訴状によると、2008年4月以降HunterとPrestige社、D2W社は、不正勧誘をし、商品先物、商品先物オプション、マネージドFXアカウントの合同運用投資の為に顧客から資金を集めていた。その結果、被告らは少なくとも6人の個人顧客を不正勧誘し、Hunterによって設立された基金Prestige Multi-Strategy Fund, LPに465万ドルを投資した。さらに被告はD2W社によって管理されているFX口座に関連して236万ドルを受け取ったとされている。さらに申し立てによると、被告はBarclayHedgeと呼ばれるウェブサイトに嘘の利益を表記し、あたかも彼らのトレーディングプログラムに収益性があるかのように伝えていた。

被告は不正行為を続けるためにPrestige社の投資家資金の一部を虚偽表示し、投資家に偽の口座明細書を発行していた。

CFTCは不正に得た利益の返還、被害者への損害賠償、民事制裁金の支払い、登録や取引の禁止、商品先物取引法違反による終局的差し止め命令を求めている。

CFTCは本件の捜査に協力した米国先物取引協会(NFA)と英金融サービス機構(FSA)に感謝している。

本件を担当するCFTC執行局メンバーはEugenia Vroustouris, Dan Jordan, Michael Loconte, Erica Bodin, Rick Glaser, Richard Wagne。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com





コメントはまだありません.