FxPro社、顧客取引実績を公開

by Forex Magnates at 9 September, 2011 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

アルパリが2010年の取引実績を発表し、通常あまり公開されてこなかった取引実績を発表するという新しい動きが大手FX業者で始まっている。
グローバルなFX業者で受賞歴のあるFxPro Financial Services Ltd (以下「FxPro社」)は、2011年10月から四半期毎に運用メトリクスを公表する予定である事を発表した。

FxPro社にとって2011年8月は前月比18.5%、前年同月比57.6%増加の1154億ドルの顧客取引高を記録した月である。

一番取引が行われている通貨ペアEUR/USDは取引量全体の49.5%を占め、続いてGBP/USDが全体の15.6%、AUD/USDが5.3%である。アジア圏の顧客取引量は増え続け全体の49%、ヨーロッパ圏の顧客取引量は35%である。

FxPro社は2011年8月末時点で18,158の稼働口座を保有している。このうち10,814口座が前月に比べ5.8%増、前年同月より13.5%増加の合計1,928,752の取引が実行された。

2011年第二四半期では、取引高は第一四半期と比べ1.7%減少の2920億ドルであった。収益は第一四半期より36.6%増加の2342万ドル、100万通貨取引当たりの収益は80.10ドルで第一四半期に比べ38.8%増加している。

FxPro社の創立者Denis Sukhotin は次のようにコメントしている。”FX業界をリードするブローカーとして、FxProは業務のさらなる透明性を目指すことが非常に重要であると捉えています。今回リリースを決めた四半期ごとの業績報告は我々が目指す透明性の実現へのステップになることと考えています。また、顧客の皆様にとってもこの報告はFXマーケットのダイナミクスを理解していただく上で役立つものとなるでしょう。”

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com





コメントはまだありません.